December 09, 2005

Christmas & Winter

12月は、なんたってクリスマス本を読まなければ!たまっているクリスマス本を横目で眺めながらも、やっぱり新しいのも欲しいわけで・・・って、今年はすでに新しいクリスマス本を買っているのに、あれこれ見ていると、ついつい欲しくなってしまう。画像を載せても、クリスマスものは和むし。

予定外だった<始末屋ジャック>シリーズも、残すところあと1作。そのあとの新作もすでに出ているが、とりあえず今読んでいるものが終わったら、そこでいったん休止の予定。そのあとは、心おきなくクリスマス本を読もう!

今日届いた2冊は、どちらもロマンスものだが、『Snowbound Baby』はクリスマスの設定。『Bluberry Winter』は、特にクリスマスものというわけではない。これって、いわゆるハーレクイン・ロマンスみたいなものだが、たまにはそういうのも楽しくていい。特にクリスマス時期は。

また、クリスマス本の装丁もきれいでいい。雪景色とかクリスマスツリーとか、その他なんだかキラキラしたものを見ているだけでわくわくしてしまうなんて、私も結構ロマンチストかもね。部屋が広ければ、ツリーだって欲しい!

クリスマスのイメージからして、アメリカ南部の話というのはあまり興味をそそられないのだが、今年購入した 『The Delaney Christmas Carol』 は、3人の女性作家のアンソロジーで、実は3人とも南部の作家なのだ。だからといって、舞台が南部だというわけでもないが、私の場合「ふと気が付けば、面白いと思うのは南部の作家」という例にもれず、全部面白いといいなあ・・・と、期待は大きい。何冊くらい読めるかわからないし、この本にまで到達するかどうかも疑わしいのだけれど。(^^;


ところで新宿区の図書館には、クリスマス本が少ないようで、なんとも寂しい。クリスマス関係の本は星の数ほど出ているはずなのに、図書館にはあまりないのだ。星の数ほど出ていても、本当に面白いものは少ないけれど。。。そんなわけで、しまい込んでいるクリスマス本を、寄付してあげようかと思ったほどだ。特に子どもたちには、きれいなクリスマス本を読ませてあげたいという気持ちになった。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『Snowbound Baby』/Susan Meier (著) ¥528
マスマーケット: 184 p ; 出版社: Silhouette ; ISBN: 0373197918 ; (2005/11)


『Blackberry Winter』/Cheryl Reavis (著) ¥683
マスマーケット: 299 p ; 出版社: Harlequin Books (Mm) ; ISBN: 0373880723 ; (2005/12)