May 11, 2005

ADSL開通

うちも今日からやっとADSLになった。これまで、「引越ししたらブロードバンドに変えよう」と思いながら、結局いつまでたっても引越しなんかしないので、ずぅーっとISDNのままで、たらたら繋いでいた。

で、ちょっと前にアポロ13号が新しいPCを買ったはいいが、ISDNの古いモデムに繋げないし、新しいPCが繋げなければ私のPCを使われちゃうわけだし、とにかくスピードが遅くてイライラするというので(私なんかずっとイライラしっ放しだったんだけど)、ついに決心。たしかに早くなった。でも、劇的に早くなったという感じはしない。もともと重たいブログなんかは、やっぱり相変わらず重たいし。

ついでだから、私のPCも新しくしたいな・・・DELLなんかどうだろう?今なら、DELLのノートが10万円ちょっとで買えちゃうんだけどな、なんて考えてもいる。とにかくNECを買ったのは大失敗と思っているので、できるだけ早く取り替えたいと常々思ってはいるのだけれど、マシンそのものに興味があるわけじゃないし、動けばいいやという気持ちもある。また一から設定することを考えると、面倒だなとも。ああ、こんなところでもぐうたら。(^^;


このところ体育会系モードなので、読書があまり進まない。アポロ13号がずっと家にいるので、自分の時間が減っているという状況も災いしていると思うけど、せっかく運動しようという気になっているものを(私にはめったにないことだ)、わざわざダメにすることもないから、このまましばらく体育会系で行っていいんじゃないの?と思う。

とりあえず、ジョン・ダニングの 『死の蔵書』 は進めている。普通なら何冊か併読したりもするのだが、今のところそういう余裕はないので、これと、たまにデヴィッド・セダリスの 『すっぱだか』 を挟んでみたりしている。

セダリスの『すっぱだか』は、読み終えてしまうのがもったいないという感じなので、ちょっとずつ読んでいる。何が面白いって言葉にするのが難しいのだが、個人的につぼ。変な人だけど、最高に面白い。はっきり言ったら、ジョン・ダニングなんか全然目じゃない。ダニングも面白いのだが、まるで比較にならないくらい、セダリスの感覚のほうが好き。ジャンルが違うから、比較するのも無意味だが。