April 30, 2005

バーティミアス

もう月末だしと思い、お風呂でダラダラ読んでいた『The Amulet of Samarkand (Bartimaeus Trilogy, 1)』を読了させた。Amazonのレビューには、すごく面白いとあるけれど、私は好きじゃなかった。とにかく終わり方が気にいらない。

私はよくロバート・R・マキャモンの作品を読んで、「マキャモンてほんとにいい人なんだなあ」と書いているが、「バーティミアス」の場合はその反対で、「この作家の性格って、もしかして悪い?」と思ってしまった。

話の内容は、まぎれもなく善と悪の戦いと言ってもいいと思うのだが、完璧に勧善懲悪というわけでもないし、主人公のナサニエルなどまだ12歳のくせに、誰に言われたわけでもなく、役人におべっかを使うなんてのは、ちょっといただけない。

そりゃ、大魔法使いをやっつけたことを自慢したい気持ちもわからないわけじゃないが、それをやっちゃうところが子どもだなと。もちろん、そもそも子どもの話ではあるんだけど、「指輪」や「ドラゴンランス」に比べると、やっぱり幼い感じ。あとは、ドタバタも好きじゃないから、全体の雰囲気も気にいらなかった。

主人公のナサニエルと書いたが、ナサニエルに召喚されたジンであるバーティミアスも主人公だ。この二人(というか何と言うか)の話が交互に語られている。舞台は現代のロンドンだが、魔術師が社会を支配しているという設定。

バーティミアスのユーモアも、いかにもイギリスだなあという感じ。ほら、ここは笑うところですよ、とご丁寧にも教えているような、そんなわざとらしさを感じる。それに、注釈をあんなにたくさん書くなんて、もともとの文章の組み立てが悪いんじゃないの?という感じだ。<これって、「文学刑事サーズデイ・ネクスト」にも言えるのだが、あちらはまだその効果が有効だと感じる。いかにもイギリスというのは同じだが。

というわけで、長々とかかって読了したはいいけど、個人的には面白くなかった。ちなみに、『文学刑事サーズデイ・ネクスト2』も途中でやめた。ドタバタのイギリスギャグがうっとうしかったため。

April 29, 2005

ああ、ヘネシー

昨日は皆で飲んでいて、調子こいてヘネシーを一気飲みしたので、今日はひどい二日酔いになった。普通ブランデーとかは、あまり二日酔いにならないと言われているが、やっぱり調子こいちゃいけません。(^^;

ライオネスだか、レオルクスだか(って、そりゃドラゴンランスに出てくる神様の名前だ!)、名前は全然忘れてしまったが、とにかくショットグラスにブランデーを入れ、レモンのスライスと砂糖を載せる。先にレモンと砂糖をくわえたところへブランデーを一気に流し込むという飲み方。レオルクスのあごひげにかけて、そりゃ二日酔いになりますって。

個人的にはテキーラのショットガンのほうが好きだけど、テキーラをあれだけ飲んだら、意識を失ってばったり倒れる。ひどい二日酔いだけど、ブランデーで良かったと思ったほうがいいのかも。ラッキー!・・・か?

もっとも、せっかくのヘネシーも全部流してしまったけど。うげげ!

April 28, 2005

お疲れ様

今日でダーが会社を辞めた。後のことは不明。「だったら数ヶ月海外に住もうよ」と言ったら、「2週間が限度だ」などと言っていたので、特に心配はしていない。根は責任感のある人だと思っている。私的には、こんな狭いところから逃げ出して、数ヶ月どころか、数年間高飛びしたいところなのだが・・・とりあえず、お疲れ様だ。

それはいいとして、家で仕事で使うからと、新しいパソコンを買ったのだが、一体どこに置くのだろう?冗談で、並んでやるのかと思ったりもしたが、並ぶ余裕なんかないし、今だってゴルフの練習をされると、PCが使えない状態なのに、さらに・・・?

まあ、サイトをやっていても、暖簾に腕押しで、あんまり自分のためにはなってるような気がしないので、この際だからやめるかな、などと考えてみたり。しばらくPCを開かずにいると、なんてのびのびできるんだろうと思うし。一時はネット依存症かとも思っていたが、それはもうすっかり脱却してると思うな。なくても十分生きていける。むしろストレスが減るだろう。

April 27, 2005

免許更新

やっと免許の更新に行った。ゴールドカードだから、前回は5年前なのだが、今では誕生日の前後2ヶ月の間に更新すればいいことになっている。にしても、あまりにギリギリじゃないの?気になって、気になって仕方がないんだから、さっさと行けばいいものを。

新宿区は現在、警察では更新できなくて、都庁まで行かなくてはならない。とはいえ、うちからの距離は、どっちにしたってたいして差はないのだが、都庁に行くのが面倒で・・・。なんて思いつつ、今日まで来てしまった。

行ってみれば、あっという間に終わっちゃって、あとは講習を30分(ゴールドカードだからね)受ければいいだけというので、なんか拍子抜けした。せっかく事前に写真も撮っておいたのに、今じゃそれもいらないんだ!

「郵送してもらいたいんですけど」と言ったら、バカじゃないの?という顔をされて、「すぐ渡すから」と言われてしまった。そうか、切手代も払わなくてよくなったんだ・・・。(^^;

帰り際、ほっとして都庁を見上げたところ、ずいぶん高いなと思った。考えてみれば、新宿に住んでいながら、都庁など見上げたこともなかったのだ。以前来たときはパスポートの更新で、すぐに地下に潜ってしまったし。

それにしても、ずいぶん余裕のあるビルだ。庭なんかも、無駄じゃないかってくらい広い。免許更新センターは第二庁舎にあるので、そこまで行くのが一苦労。そういや、四谷図書館のあるビルも、無駄な作りをしている。お役所って、みなこうなのかな。

April 26, 2005

図書館返却&貸し出し

図書館から予約の本が用意できたと連絡があったので、返却ついでに行ってみたら、上下巻ある本の下巻が先に来ていた(『王狼たちの戦旗』)。どうしよう・・・と思っていたら、図書館のほうで「上巻が来てからにしますか?」と言われた。

上下巻関係なく渡されるのかと思っていたので、いいんですか?と聞いたところ、「普通、下巻から先に読む人はいませんから」と。そりゃそうなんだけど、用意できたものから順にって書いてなかったっけ?そりゃあんまり不親切ってことで変わったのかな。

ぢ、ぢゃあ、『ダヴィンチ・コード』とかの人気本の下巻が先に用意できて、上巻のほうはまだ100人待ちなんていう場合でも、取り置きしておいてくれるんだろうか?まさかね。聞くだけ無駄だと思って、確認はしなかった。

今日借りたのは、その取り置きした本のシリーズの1作目(全3作らしい)なのだが、こんなマンガの表紙にしちゃ、お値段が高い。1冊3000円近くもする。2段組で文字も小さいから、内容はぎっしり詰まっているのだろうが、ファンタジーとはいえ戦争ものっぽく、「七王国」とあるように、7つの家系が出てくるから、記憶喪失症気味の人(私もそうなのだが)は3作全部揃ってから読んだほうがいいんじゃないかと。(^^;

3作目がいつ出版されるのかわからないが、家系図を見ただけで引いた。こんなの全部覚えられない!読みながら覚えていても、3作目が出る頃には、また1作目から読み直さないといけなくなるんじゃないかと不安。もっとも、3作目まで読みたいと思うかどうか、まずは1作目を読んでみなけりゃわからないけど。とにかく、マンガの表紙が気にいらないので、あまり期待はしていない。知らない作品に対して、過剰な期待はしないほうがいいし。

April 25, 2005

アラブとイスラエル(2)

この講座を取った目的の「ユダヤ」に関しては、今のところ何の関係もない話のようだが、話の流れの中で、ユダヤは頻繁に出てくる。「アラブの共通の敵=ユダヤ(イスラエル)」というわけだ。

なぜ敵なのか・・・今回の授業でもたびたびその理由は出てくるのだが、実は去年の講座で、ユダヤのことに関しては詳しくやったようなのだ。青森にあるというキリストのお墓にも行ったとか。え!なかなか話のわかる先生なんだ!と思ってうれしくなった。普通、キリストのお墓?バカじゃないの?って感じなのに。去年取っていれば、「竹内文書」のことも聞けたかもしれない。残念~っ!

ちなみに近藤先生は、普通の話よりも「脱線」話のほうがより面白い。なんて言ったら叱られるかもしれないが、授業の後、政治問題などについて(中東だけに限らず)、あれこれ聞けるのも勉強になる。

帰りにどん底。雄弁会の岡田君と待ち合わせ。雄弁会の割に寡黙な岡田君だが、人の話を聞くという姿勢は立派だと思う。最近の若者には珍しい。だからこそ幹事長なんだな。

April 24, 2005

あくまでドラキュラ

え~と・・・思い出したら書きます。(^^;

って、相変わらずドラキュラ生活だってこと以外は、特に何もなかったかもぅ・・・。ドラキュラ生活だってこと自体、何もないことのれっきとした証明。ドラキュラじゃなくなったというのなら、いくらかネタにもなるのだが。

そのほかは、横浜が3対8で阪神に負けたとか、「ハリポタで英会話」というのを作っていて、ヴォルデモートが「こんにちは。私はヴォルデモート卿と申します。“例のあの人”と呼んでください」と言うとかってのを考えながら、一人で爆笑したとか、『ドラゴンランス伝説(5)』の進みが遅いとか、他人にはどうでもいいことばかり。じゃ、書いてもしょうがないか。( ̄▽ ̄;)

以上、終わり。

April 23, 2005

トラベルガイドと英会話本

今日は病院の日。待合室で待っていたら、「心電図取ります」と言われ、なんで?私って心臓悪かったの?と思って青くなっていたら、先生が「たまに取っておこう、暇だから」って、ちょっとぉ~!余計なことやらないでよぅ!

病院には、病気の治療に通っているというより、健康であることを確認しに行っているというような状況なので(もちろん、通い始めは病気だったのだが)、先生もやることがなくて、しょうがないので心電図でも取るかって感じ。でなきゃ血液検査か。とはいえ、いきなり心電図とかって言われたら、ドキっとするってのよ。で、特に異常もなく、無罪放免。

帰りに紀伊国屋で本を3冊。ていうか、アメリカ南部のガイドブックを買いに行ったところ、バーダマン先生の英語本を見つけてしまい、思わず購入。それに、そろそろ英会話も使えるモードにしておかないとなと思って、英会話本も購入。べつに新しく買わなくたっていいんじゃないの?とは思ったのだが、ダーにもらった図書券もあることだし、いいや、買っちゃえ~!

買ったはいいが、こういうのって、買っただけでもう勉強したような気がして、結局いつも最後までやったためしがない。今度こそは!・・・って、毎回思うのだが、ま、あまり期待はできない。これをやるんだから、マラマッドはしばらく中断だな、なんてことも思っていて、なのに図書館にまた本を予約しちゃって(ダン・ブラウンのとは違って、今度は早めに用意ができそうなのだ)、全然勉強に身を入れましょうという状態ではない。何を考えているんでしょうかね?

ともあれ5月末までには、英会話を何とかせねば。記憶の底から、アルファベットを引っ張り出してこなくっちゃ。ここしばらく、「英語→日本語」という一方通行ばかりやっているので、その逆バージョンに、なかなかならないのだ。それにしても、実際「南部訛りの英語」が聞き取れるかどうか、全く自信がない。

図書館予約

・『セプティマス・ヒープ(第1の書 七番目の子)』/アンジー・セイジ (待ち)
・『七王国の玉座(上)―氷と炎の歌(1)』/ジョージ・R.R. マーティン(あり)
・『七王国の玉座(下)―氷と炎の歌(1)』/ジョージ・R.R. マーティン(あり)
・『王狼たちの戦旗(上)─氷と炎の歌(2)』/ジョージ・R・R・マーティン(待ち)
・『王狼たちの戦旗(下)─氷と炎の歌(2)』/ジョージ・R・R・マーティン(待ち)

April 22, 2005

佐々木登録抹消

●横浜3─1阪神

ふん、大魔神がいなくても、横浜は勝てるのさ・・・っていうか、最近の佐々木には、全く大魔神の威厳がない。加奈子のせい(と皆は言っているけど)?大魔神の名も地に堕ちたか、という感じ。このまま引退なんてことになったら、超みっともない。去年、加奈子のことが世間にバレる前に、惜しまれつつ引退しときゃよかったかも?

今日は図書館に本を返却しがてら、また本を借りてしまった。これで「ドラゴンランス」シリーズ全巻借りたことになる。この17冊でおしまいかと思ったら、また新しいシリーズが出てきて、ちょっとやそっとじゃ終わらないみたい。このシリーズは面白いからいいけど、長いよぅ~!

夕方、生協に買い物に行ったところ、めちゃくちゃカッコイイ外人が、「トウフ」を買っていた。「トウフ」のみ。うちも夕食がお鍋で、やっぱり「トウフ」を入れたんだけど、あの人どうやって食べるんだろう?「トウフ」のみ?外人にとって、「トウフ」って、どんな感覚で食べてるんだろう?背が高くて、かなりスマートな外人だったんだけど、もしかして、あの人も「トウフ」ダイエットしてるとか?私もがんばろ~!(^^;

にしても、去年やった豆腐ダイエットでは、9キロ減ったのに、今年は全然減らない。もしかして、一緒に飲んでいたあべしずえがコマーシャルしてる痩せるサプリのおかげだったのかも。新聞で、「あんなものは全く効果がない」と書き立てられていたので、なぁーんだと思ってやめてしまったんだけど、実は効果があったのかも。。。

この間も新聞に、「アガリスクは癌に効かない」というか、「効く」と言ってはいけないというようなことが書いてあったが、人には「思い込み」という作用もあるんだってこと、ちゃんと計算してるのかな?それって大事だと思うんだけど。「絶対に効く」とは言えないが、「効かない」と言ってしまったら、それまで効果があった人でも、効果がなくなってしまう。

このあたりの作用も考慮に入れれば、「効く」と言ってはいけないが、「効かない」と言ってしまうのも酷だと思う。「病は気から」だから、思い込みで治る場合だってあるのだ。人間には、もともとそういう力があるんだから、科学で証明できないからって、すべてが「効果なし」というわけではないだろう。「信ずる者は救われる」だよ。


図書館に、ダン・ブラウンの新刊「デセプション・ポイント」(上・下)を予約。まだ中央図書館にしかなく、13人待ち。それでも「ダヴィンチ・コード」より、はるかに先に読めるだろう。

April 21, 2005

崖の国物語

せっかく図書館で「ドラゴンランス伝説」の続編を借りたので、できれば続けて読みたかったんだけど、返却日ってものがあるから、先に借りてるものから読まないといけない状態。で、ポール・スチュワートの「崖の国物語(5)」を読み始め、読み終えた。

4巻目までは続けて読んだのだが、5巻目は間が空いていたので、懐かしい思いで読んでいたところ、

え!これがトウィッグ?

とびっくり!1巻目からの主人公トウィッグが、なんと70歳くらいの姿で登場しちゃうんだもの。それもそのはず、5巻目は、4巻目から50年くらいたった話。登場人物も、崖の国も、これまでとは全然違うのだ。にしても、ポール・スチュワートは相変わらずぶっ飛んでる感じ。オリジナリティがある。よくもあれだけ、いろんな動植物を考え付くものだなと感心。

でも、この話の終わり方だと、このシリーズ、まだまだ続きそうだ。「ドラゴンランス」もそうだけど、これも長いのか~。ファンタジーって、どれもこれもとにかく長い。ま、私は長い長い物語が好きではあるんだけど、どんどん記憶力が落ちてるから、あんまり登場人物が多いと、忘れちゃうんですね。悲しいことに。(^^;

今日もダーは飲み会だった。マジでヘロヘロになってます。その分、私はしっかり寝た。でも、サイトの更新がたまっていたので、やっぱり今日も徹夜。ドラキュラ生活から、なかなか抜けられない。で、キム・ニューマンの「ドラキュラ戦記」と「ドラキュラ崩御」を買おうかどうしようかと迷い中。吸血鬼ものは、やっぱりドラキュラじゃないとダメってことに気づいたんだけど、ドラキュラを出してるのは、以外に少ない。ってことで、これは買いだとは思うんだけど・・・。

NHKラジオ講座「原書で読む世界の名作」3回目。講師の声が高めで早口なので、聞きづらい。女性の声も聞きづらいのだが、こういうおじさんの声もいただけない。大津栄一郎先生の声が一番好きなんだけど、もうやらないのかなあ・・・。マラマッドならやるかも、と期待していたのに。

それと、このラジオ講座では、あまり得るものがない。加島祥造訳の「マラマッド短編集」があれば、そちらのほうが全然詳しいから、講座を聞いていても無駄って感じがする。ラジオなんかやめて、訳本で確認していったほうが、よほどためになるって感じだ。訳も、ラジオでは直訳なので、あんまり良くないし。

April 20, 2005

送別会

ダーの会社の人が先月で会社をやめ、今月末には奈良に帰ることになった。今まで一緒に飲みに行ったりしていた人なので、個人的に送別会をした。で、最終的にはかんぺいちゃんのところに行き、「マツケンサンバⅡ」を3回も踊った。ふええ~、疲れたぁ~!「天城越え」の扇技は失敗しちゃうし・・・。(--;

私はまだ昼寝できるからいいけど、連日飲み会のダーは気の毒になる。お酒を飲むって、結構体力消耗するんだよね。とはいえ、ダー自身も今月いっぱいで会社を辞めるので、あちこちで送別会をやってるらしい。

会社を辞めたら、24時間ずっと家にいるなんて、信じられる?長い休みは地獄だとか言ってたけど、そんなことじゃすまないわけ。こんな狭い家じゃ、イライラして、絶対喧嘩になるだろうな。

April 19, 2005

図書館へ

昨日は久々の学校だったので、激しく疲労。でも、図書館から「予約の本を早く取りに来い」と催促されてしまったので、今日こそ行かなきゃ!てか、月曜日に催促されたって、閉館日じゃ取りにいけないってのよ。

で、予約の本は2冊だったのだが、ついでに・・・ともう2冊借りてしまった。今月は「ドラゴンランス」にすっかりはまっている。もう、こうなったら抑えきれない。出てる本は全部読みましょう!って感じ。ところが、あと7冊かと思っていたら、また新しいシリーズが出始めて、それじゃ終わらないようなのだ。最終的には、一体何冊出るのやら?

今日はダーが飲み会だし、昨日は物足りなかったから、ご飯食べがてら、どん底へ。2階で日記を書きながら、一人で飲んでいたんだけど、酔っ払った伊達さんが来て、例によってなんたらかんたら面倒な話を始めたので(どうやら中国のデモについて話したかったらしい)、さっさと帰ることにしたのに、1階で学さんと昆さんにだ捕される。

閉店後、地下の純ちゃんを交え、学さん、昆さんと4人で銅羅へ。途中、昆さんの奥さんから店に電話が入り、昆さんは「かみさん、怖いんだよぅ~」と言いながら帰っていった。あんないい大人なのに、今でも奥さんが怖いのかあ~と。ていうか、私はそういう奥さんにはならないようにしようと思った。たしかに、あの奥さんは怖い顔をしてる。

支払いのときになって、学さんが1人3000円だと言って集めたのだが、純ちゃんが「500円ちょうだい」というので、よくよく計算してみたら、2500円でよかったのだ。純ちゃんはかな~り酔っ払っていたんだけど、あれだけ酔っても、結構細かいとこまでしっかりしてるな、と。昆さんが3000円置いていったから、端数を入れても、それで十分だったのだ。学さんとはよく出かけるけど、たしかに全部ごちそうしてくれる人ではない。

April 18, 2005

アラブとイスラエル(1)

学校初日。体調不良時期なので、往復徒歩というのは辛い。でもがんばった!
今年の教室は、旧早稲田実業の教室。つまり早実跡地ね。実際、早実に通うとは思ってなかったよ。(^^;

授業は面白かった。これは歴史の授業なのかな?と思ったら、政治学みたいなもの。先生は退職した元教授。一見優しそうなおじいさんなんだけど、いったん授業が始まると、きびきびした説明で、ユーモアも辛辣で、なかなか楽しい。本なんかでは絶対に読めないような、きわどい社会批判とかが聞けて、素晴らしかったですぞ。

もともと、バーナード・マラマッドの作品を読むために、ユダヤについて知りたいと思って取った授業だけど、果たしてその目的に合っているのかどうか、今のところ不明。今日はアラブだから、イスラム教のほうだし、そのうちユダヤ(イスラエル)もやるんだけど、私が知りたいことをやってくれるかどうかはわからない。それでも、この授業は面白いからいいや。予習も宿題もないから、気が楽だし。

帰りに古本屋とか、いろいろ寄り道しながら帰り、どん底で1時間ほど飲んで帰った。家に帰ると、とりあえず座ることもできず、全然休めないから、外で一服していかないと、ダメなのよ。

April 17, 2005

明日から学校

明日から学校が始まるってのに、体調不良時期に突入。夕べはお腹が痛くて眠れなかった。ていうか、どうやってもお腹は痛いので、仕方なくPC作業をしながら明け方まで起きていたんだけど、その後もほとんど眠れなかった。

それでも、土日はずっと寝ているわけにいかないので、起き出してご飯を作ってまた横になる。やっといい気分で昼寝ができるかとおもいきや、ダーに起こされる。今日はずっとPC部屋を占領されそうなので、ダーが出かけた隙に、PCを開いたが、思ったよりも早い帰還だったので、なにもできなかった。ちぇっ!

その後ずっと占領されたので、明日のために早寝しようと思っていたのに、またいつもどおり。

夕方、図書館から「ドラゴンランス伝説(6)」が用意できたとのメール。昨日の(5)と合わせて取りに行こうと思ったが、やっぱり腹痛だし、すでに5時過ぎてたし(日曜日は6時まで)で、今日は諦めた。明日は閉館日だし、火曜日になってしまう。間があいてしまうけど、他にも借りている本があるので、そちらを進めておこう。

さて、今日はほんとにさっさと寝ようっと!

April 16, 2005

まさに晴れ男

今日はダーがゴルフに行った。先週、寝坊して行けなかったため、今週また予定が組まれたのだ。ちなみに、いつも一緒に行っている人は、毎週行っているらしい。ご熱心なことで。。。

でも、今日の関東地方は、だんだん天気が崩れてきて、東京では80%の確立で雨が降ると言われていたのに、結局降らなかった。日頃から、ダーがゴルフに行くときは必ず晴れるのだが、80%の確立までひっくり返せるとは、まさに晴れ男!

たしかに、一緒に旅行などに行っても、雨に降られたということはあまりない。一度、熱海の花火大会に行ったときに、雷を伴う大雨になったのだが、開始時間になるまでにはすっかり上がって、始まった時には雲ひとつない晴天。最初に熱海の花火大会を観に行ったときは雨が降っていたが、それもやはり花火を観ている間は小雨だった。終わったら土砂降り。

さらに、渋谷の五島プラネタリウムの最後の日。屋上で天体観測があったのだが、これもその前まで雨で、これじゃ星も見えないと諦めていたところ、宵の明星が出る頃には、これまた雲ひとつない快晴となり、雨で空気がきれいになっていたため、渋谷という土地柄にも関わらず、素晴らしい星空が見れた。

とにかく大事なところでは、必ず晴れる。ゴルフも大事なんだろうな、きっと。(^^;

図書館から「ドラゴンランス伝説」の5巻目が用意できたとメールあり。早速6巻目も予約。明日には両方受け取れるだろう。今日3巻目を読み終えたので、間をおかずにシリーズ全巻読めるのが嬉しい。

「ダヴィンチ・コード」の予約の数の話をしたら、普通に買えばいいじゃんと言われたんだけど、私は「モナリザ」の顔が嫌いなので、手元に置いておくのは嫌なのだ。でも、BOOK・OFFとかで安くなっていたら、買っちゃうかもしれない。

April 15, 2005

ブログの悩み

ブログ人口が、どんどん増えているんでしょうね。今や普通のホームページなんてのは、時代遅れな感覚になってるっぽい・・・。基本的に全然違うものとは思うけど。

でもどこのブログも重たくて、自分のブログの更新もままならないが、コメント返し、トラバ返しも大変。コメントもトラバもしていただくのは大変嬉しいのだけど、そちらに時間がかかって、自分のブログ更新がお粗末になるという本末転倒な事態も。何とか軽くならないもんでしょうか?もう少し軽くなれば、ストレスも減るのにな。

引越ししたらブロードバンドにしよう!と、今までISDNでがんばってきたんだけど、ダーが家で仕事をするにあたって、重たすぎってことに気づいてくれて、これじゃあんまりしょうがないので、やっとADSLにすることになった。ADSLにすれば、ブログもサクサク?そうかなあ・・・それは信じられないな。あちこちで不調になっているのは、ISDNとか、ADSLとかって問題じゃないと思うけど。

というわけで、今日も徹夜か。(--;

『ドラゴンランス伝説(2)』読了。これなら、1日1冊ペース。その代わり、感想を書くのが大変。だいたい、感想書いたからって何だっての?誰も見てないよ。やめようか。そんならついでに日記もやめる?(^^;

April 14, 2005

ハッスルチキンカレー

今日は、小川直也プロデュースの「ハッスルチキンカレー」というのを食べた。「火を吹く辛さ、赤唐辛子一本入り」って書いてあるけど、全然辛くないじゃん!割に本格的なインドカレーっぽかったけど、唐辛子一本じゃダメなのよ!がおーっ!

でも、とりあえずやっときましょうか。

1、2、3、ハッスル!ハッスル!o(^-^)o

これって先日、南阿佐ヶ谷に行ったときに、阿佐ヶ谷で電車を降りて、商店街をぶらついてた時に買ったんだけど、阿佐ヶ谷って何でも安いのでびっくり!これから飲みに行くってのに、思わずスーパーに入って買い物しちゃったのだ。

今度から、阿佐ヶ谷まで買出しに行こうかな、なんて。でも、住んでもいいとは思わなかった。だって、商店街に本屋さんが一軒もないんだもの。それって、私的には絶対NGなので。

とはいえ、電車に乗って新宿紀伊国屋に本を買いに来るか、あるいは電車に乗って阿佐ヶ谷まで食料品を買いに来るか、どっちがいいか迷うところだよねえ・・・。

April 13, 2005

ライター携帯飛行機内禁止

米国やグアム、サイパンに乗り入れる各国航空会社の旅客便と、米国の航空会社便のすべてで14日から、機内へのライターの持ち込みが禁止される。米国がテロ対策強化で「ライターも凶器になりうる」としたため。(中略)成田空港では、金属探知機を通る保安検査などでライターが見つかった場合、どんなライターでも、原則として放棄してもらう。─(朝日新聞)


今更何言ってるの、遅いだろ!って感じだけど(「ライターも凶器になりうる」ってことに関しては)、喫煙者にはきつい。おみやげにライターってのもなしですかね?機内持ち込みでなきゃいいのか。マッチなら持ち込んでもいいのかな?てか、全米のタバコ会社からはクレームが出ないんだろうか?これまでは、タバコ会社の圧力で、「爪切りは凶器だが、ライターは凶器ではない」とされていたんだから。

なんて、いろいろ考えちゃいました。というのも私は喫煙者で、空港や飛行機の中でタバコが吸えないのは、非常に辛い。なのでトランジットの時に、そそくさと空港の外に出ては、スパスパやっている。その時に、ライターがなきゃ、どうしたらいいの?

じゃ、この際だからタバコやめれば、というのはあまりに短絡的。それくらいでやめられるもんなら、とっくの昔にやめてます。やめられないから、考え込んじゃった次第。この規制は、今のところアメリカだけだけど、間の悪いことに今年アメリカに行く予定になっているから、余計に深刻。マッチだって、火薬だしなあ・・・でも、マッチしかないよね・・・どうなんだろ?

April 12, 2005

古本に図書館

昨日から降り始めた雨が、今日もまだ降っている。寒い。日曜日は強風だったし、これで桜も終わりだろう。満開に咲き誇ったのもほんの束の間。天の神様って無情だ。

今日は、マーケットプレイスから2冊古本が届いた。ジョン・ダニングの『死の蔵書』と『幻の特装本』。昨日もマーケットプレイスから、同じくジョン・ダニングの『失われし書庫』が届いているので、これでシリーズ3作が揃ったことになる。

本当なら、早速それを読み始めたいところなんだけど、図書館で、ついつい7冊も借りてきてしまった。マラマッドで鬱々としているところなので、何かこうスカっとするものを⇒「ドラゴンランス」か!って感じになってしまったのだ。

で、「ドラゴンランス伝説」を4巻まで借り、そこでやめておけばいいものを、「崖の国物語」の新しいのが出てるじゃん!「文学刑事」の新刊も!という具合で、全部で7冊。返却は2週間後だから、2日で1冊読まなくちゃならないってわけだ。ファンタジーのほうは問題ないと思うけど、「文学刑事」は2日で読めるかなあ?と不安。ま、延長すりゃいいことだけど。

その後も、「ドラゴンランス伝説」の残り2巻(5巻目が貸し出し中だった)があるし、さらに続きもある。実際、こんなもの読んでる場合じゃないでしょって状態ではあるのだが、読みたいものは読みたいのよ。誰が何を言おうが、私が楽しければいいの!ファンタジーなんて、という人には、勝手に言わせておけば言いし、純文学以外は大人の読むものじゃないと思う人には、そう思わせておけばいい。そんなこと全然関係ない。私の気分が良ければいいのだ。

April 11, 2005

臨死体験

夕べ、夜中にお腹が痛くなり、七転八倒とはこのことか!ってなくらいに痛かった。全身脂汗で、寝ても起きてもどうしてもどうにもならず、死んだほうがましじゃないかと思うほど苦しんだ。その間2時間。私が死ぬほどの苦しみをしているというのに、ダーは全く気づかず、トイレの中で誰にも気づかれずに死んでいくのだわと、人生の無常を感じた。

でも、一体どうしちゃったんだろう?「ごち」で牡蠣そうめんを食べたので、牡蠣にあたったのか?それとも、寝しなにごくごく飲んだ水のせい?いや寝る前に、今日は2回しか飲んでないぞと思って飲んだガスモチンという薬のせいだろうか?全身汗まみれで体力も使い果たし、体温もどんどん下がってきている。目の前真っ暗だし、んもう~、ほんとに死ぬかと思った。

それでもなんとか腹痛も徐々におさまり、やっと少しは眠れるかと思ってうとうとし始めた途端、大きな地震があって、腹痛では死ななかったが、地震でお陀仏かぁ~と。(--;

おかげで今日一日、何とも言いようのない脱力感に浸っており、全く力が出なかった。それでも食欲だけは普通にあったりして、あれだけ苦しんだにも関わらず、ご飯は普通に食べた。お腹はまだ不調を訴えて、ゴロゴロ言ってるのに。。。

April 10, 2005

桜づくし


左から:新宿七丁目の桜/早稲田戸山公園/箱根山展望台


左から:神田川沿い(右奥はフォーシーズンズホテル)/江戸川公園(1)/江戸川公園(2)


左から:江戸川公園の桜アップ/神田川/カーブした神田川



いい天気だったけど、強風で花が散ってしまいそうなので、お花見も今日が最後だろうと、ダーと早稲田方面に出かけた。思った通り、たくさんの花びらが散ってしまっていて、すでに盛りを過ぎたという感じ。「まだ2分咲き」というほうが、花はなくても心は希望に満ちるって感じ。ちょっと侘しい感じがした。

あちこち歩いたあと、早稲田で都電に乗る。都電は初体験!面影橋までたった一駅しか乗らなかったけど、線路にたんぽぽがたくさん咲いていたりするし、バスよりも低い位置なので、自分が駆け足で走っているかのような目線が面白い。バスほど揺れないので、図書室がわりに本でも読みたい気分になった。

その後南阿佐ヶ谷の「ごち」へ。おととい行ったばかりだが、ダーはこれが初めて。ひとりだとガンガン飲んでしまうんだけど、ダーがいたので、ちょっとセーブ。食べ物はみなおいしい。でも、酒飲みにはお酒がちょっと高いと感じる。居酒屋と思うか、料理屋と思うか、そのあたりで感じ方は大きく違うけど、料理の値段が居酒屋並みなので、やっぱりお酒は高いなと思う。ボトルも置けないので、たくさん飲む人は、そこそこの値段になってしまうから。

9時頃帰宅。ごちで食べたはずなのに、妙にお腹が空いて、コンビにでおにぎりを買ってしまった。(^^;

April 09, 2005

寝坊でゴルフ行けず

夕べ2時頃帰ったら、ダーがまだ起きていた。今日は早朝からゴルフなのに、だいじょぶなのかな?と思っていたら、案の定寝坊して、行けなかった。飲み会続きでお疲れなんでしょ。

で、私も今日は二日酔いで、1日ずっと復活できなかった。夕方おかゆを食べて、お風呂に入って、ようやく復活。すると、ダーがケンタッキー・フライドチキンが食べたいと言い出し、まだちょっと気持ちが悪かったのだが、KFCのデリバリーを頼んだ。

KFCで一番好きなのは、フライド・フィッシュだ。塩と酢をかけて食べるんだけど、やっぱりクエン酸は二日酔いにいいみたい。これを食べたあと、かなり体調も戻ってきた。

ダーに、土岐さんの店に行ったと言ったら、「明日行こうか」などと言う。うげげ、また飲むの~?てか、明日またお花見するのかな?早稲田の神田川沿いで。(^^;

April 08, 2005

南阿佐ヶ谷「ごち」

久々に土岐さんの店「ごち」に行った(まだ二回目だけど)。1日のエイプリルフールの日が土岐さんの誕生日だったので、その日に行くはずだったのだが、体調不良でダメになったため、急遽、今日行くことにした。ダーはまた飲み会だし。普段、歩いて行けるところでしか飲まない私にとって、南阿佐ヶ谷はかなりの遠出。

でも、ここの料理はおいしい。もともと土岐さんの料理は大好きなのだが、この店で料理をしているけんじ君は、私の友達のりほちゃんの旦那で、ちゃんとしたお料理屋さんで修行した人。その割に値段は安くて、200円、300円台のつまみが多い。もっとも、お酒のほうでそれなりの値段を取るから、飲む人は結局そこそこのお勘定になるんだけど。

店はいいんだけど、ここで会いたくない人に会ってしまった。例の気持ちが悪いY田さんだ。土日しか行かないって言ってたのに、なんでいるの?って感じ。私のほうは「嫌いだよ」光線を発しているのに、何でも仲間に入れようとして、うっとうしいったらありゃしない。しかも家が近所なので、会ったが最後、家に帰るまで離れないのが困る。

ごちは早く閉まるので、その後しょうがなくどん底に行き、2階のヤング・ボーイズたちと飲むからと、やっと離れることができた。気分良く飲めなかったので、かなり酔っ払ってしまい、文学部の上村君が早口で何かまくし立てていたんだけど、何の話をしているのか、全然ちんぷんかんぷんだった。

April 07, 2005

ひどすぎるNHK

私もダーも飲み会が続いて疲れ気味。今日は休肝日だ。

激辛シスターズのゆかちゃんからメールがあって、どん底で飲みましょうと言われたんだけど、断った。今日は、いくらなんでもまずい。買い物にも行かないと冷蔵庫には何もないし、洗濯とかいろいろ用事もあるし・・・てか、今日からNHKのラジオ講座でバーナード・マラマッドをやるので、それだけは絶対に聞き逃せないし。

ところが!いざラジオを聴いていたら、テキストが違うじゃない!洋販でもジュンク堂でもこれだというテキストを買ったのに、実際講座で使用しているのは、全然違うもの。わざわざ購入したのが無意味。書店だって、NHKから指定されて置いてるわけだから、これは明らかにNHKのミスだろうと思われる。しかも、講師が「これ」といっているテキストのひとつは絶版で入手できないもの。もうひとつも絶版。そんなものテキストにするなよ!マジでひどい。視聴者をなめてんじゃないぞ!って感じ。だからNHKの受信料払わない人が増えるんだよ。

昨日会った雄弁会OBのO君は、NHKの記者になったんだけど、今のうちは熱く語っているけど、そのうち体制にのまれちゃうんだろうなあ。にしてもNHK、ひどすぎる!

April 06, 2005

花園神社でお花見

今日もダーが飲み会なので、NEET予備軍の土田君がバイトしているゴールデン街の「五番街」に行く。そこのママは、私のデザイン研究所の後輩でもある。ギャラリー・バーとかで、いろんなアーティストの作品が見れるのはいいんだけど、今日飾ってあった絵は最悪。大きな赤ん坊の全身にジンマシンが描かれているという鳥肌ものの気持ち悪い絵。ジンマシンと聞いただけで、ジンマシンが出てしまうほどだから、こんなの見た日にゃ、うなされてしまうよ。趣味悪い~!あれが飾ってあるうちは、二度と行けないな。

そこで雄弁会のOBに会った。本年度幹事長の岡田君の先輩。で、3人でどん底に行くことになった。途中近道して花園神社を通り、昨日の上野公園とは違って、満開の桜だったので、ちょっとお花見。やっぱ、お花見には桜がなきゃね。

どん底では、田中さんとター坊に会う。田中さんは先週の私の誕生日に何もしなかったから、とボトルを入れてくれたのだが、ター坊はまた無視。ていうか、嫌味なことばかり言って、かえって気分を悪くされただけ。だったら黙ってろって!最近、年とともに嫌味でしつこいおやじになってきた。おやじギャグが、全然つまんないんだけど!

かなり酔っ払って(雄弁会が)、地下で宇宙人の八巻さんにだ捕された二人。あ~あ、こりゃダメだと思って、さっさと帰ってきた。雄弁会なので、少しはましな話もできるかと期待していたんだけど、まだまだ青い。勉強はできるかもしれないけど、頭はどうかな?って感じ。

April 05, 2005

上野公園でお花見

午後3時。上野の西郷さんの前で待ち合わせ。超久々の上野。不忍池の学さんの知り合いのおでん屋で飲む。桜はまだ二分咲きといったところ。屋台の横には柳の木があって、お花見ならぬ「お柳見」。

外で飲むのは気持ちがいいけど、ああいうところの屋台のおでんは、めちゃ高いよぅ~!おでんだけじゃ済まないし、他のメンバーも、学さんを除けば学生とか子どもとかだから、金銭面では手痛い出費。花もないのに。うう・・・。今度は、お金持ちのおじさまとお花見したいです。(^^;

その後、新宿までタクシーで帰ったところ、市谷や九段下あたりは結構咲いていたので、わざわざ上野まで行く必要もなかったじゃん!て感じ。でも上智の土手は全然だったし、花の種類によるのか、場所によるのか、どっちにしても、ちょっと早かった。

ところで、そのおでん屋のおじさんが怖かった。助手のおにいさん(ほぼおじさんだけど)がいるんだけど、おじさんがおでんやお酒を渡すときに、わざとおにいさんの手にこぼす。お酒はまだしも、おでんの汁は熱いから、おにいさんの手が痙攣しているんだなあ。怖~!てか、あたしのお酒、こぼさないでよ!ぶぶぶ!

二次会は、お決まりのどん底。そこで野球の試合を観て、時間もいつもより全然早かったので、ハリソンバーに寄ってから帰宅。

April 04, 2005

東京では31日に桜の開花宣言が出た。ならばお花見!と、火曜日にお花見をすることになった。学さんの知り合いがいるから(って、テキヤ?)というので、上野公園まで行く予定。

でも、日程は明日に迫っているというのに、夕べから今朝まで雨だったし、今日も1日寒かったし、どうやら思ったほど花が咲いてないようなのだ。1分か2分咲きくらいらしい。明日の気温は高めで暖かいらしいけど、お花見の時期って、晴れていても寒いことが多いし、それもあてにならない。でも、さっき「花見決行!」のメールが来た。それじゃ行かねばなるまい。とはいえ、不安は残る。

花が咲いてなかったらどうすんの?

だけど、心配無用だろう。参加者はみんな「花より団子」の口だから、とにかく集まって飲めればいいって感じなんでしょ。「咲いてなかったら、あとで御苑にでも行けばいいじゃん」だって。ぶ!

今日は夕方、銀行に行ったり、買い物をしたりしたが、ダーが飲んでくるというので、夕食の用意はなし。ゆっくりPC作業ができた。おかげで、夜にはマラマッド・プロジェクトを進めることができるだろう。私は夕べの残りのきのこ鍋でも食べようっと!

April 03, 2005

スローライフ

しばらくPCを開けなかったので、サイトの更新がたまってしまった。毎日書いている(ことになっている)日記も、記憶の糸を探りながら埋めるわけだけど、書いてないからって、どうしたんだろう?と心配する人などいやしないのだから(ネット上では続かない人のほうが多いし)、どうだっていいじゃん!とも思うのだが、一応毎日書いている(ことになっている)ので、1日でも空白があると気持ちが悪い。

なので、ここ2日ばかり徹夜状態。背中も痛くなるし、肩こりもひどい。完璧に運動不足なので、一向に血の巡りも良くならない。もうすぐ学校が始まるから、少しはウォーキングでもして体力をつけなきゃあと思うんだけど、外に出るのも面倒だし・・・。(^^;

ところで、今日は奈良県出身の友だちと電話で話したのだが、人にもよると思うけど、あのまったりしたしゃべり方は、電話ではきついなあ。私だって機関銃のようにしゃべれるわけじゃないけど、少なくとも彼女の2分の1のスピードはあると思う。たいした話もしてないのに、時間ばかりかかった。携帯を切って、料金を見てびっくりした。メルアドを知らないので、今度アドレス聞いておこうっと。あのスローライフにはついていけない。

April 02, 2005

視聴者無視のNHK

徐々に体調も復活してきたけれど、まだ不調。いい加減、体力衰えてるなあと痛感。まいりました。18日から学校が始まるし(取得単位表が送られてきたりしたので、もうそろそろだと気づいた)、そうしたら、歩いて通わなくちゃならないし、体力作っておかないと、やばいかも。

ちなみに今年の教室は、旧早実校舎らしい。毎年教室が違うので、あちこち迷う。どうやら4階みたいなんだけど、エレベーターなんかないんだろうなあ・・・。去年の3階も、夏なんか結構きつかったし、今年はさらにきつくなるってわけ?一つ年取ったっていうのに。ぶぶぶ!

ところで、NHKのラジオ講座「原書で読む世界の名作」が、今月からマラマッドなんだけど、この番組って、ネットでもなかなか詳細がわからない。テキストを買ったはいいけど、その作品をやるのかも書いてないし、やっと見つけたページで、初日にやる作品だけはわかった。それと、テキストを2冊使うので、消去法で考えると、その中の1作がわかるといった具合。

不親切だよ、まったく。NHKって、とことん視聴者無視なんだなと思う。やる作品がわからなきゃ、予習もできない。それに、研究社から出ているテキストのほうは、おそらく入手できないだろう。絶版だもの。私はかろうじて入手できたけど、入手困難だろうなあ。今からでは、まず無理。そんなテキストを選ぶなんて、馬鹿じゃないの?って感じ。原書のコンプリート版にすれば、価格も安いし、入手不可ってことなんかないのに。講師もだいたいおじいさんだから、コンプリート版が出てることも知らないのかも。NHKの担当者は、そういうことを調べもしないんだろうか?

April 01, 2005

疲労でダウン

いくら二日酔いでも、夕方までには何とか回復するのに、今日は全然ダメ。全く起きられない。疲れの上に二日酔いだからね。それに、お腹が下っちゃって、なんてことでしょう!最近、ナチュラルハイで焼酎を飲むと、必ずお腹がおかしくなるって、なんか悪いものでも入ってるのかな。(--;

気持ちが悪い、頭が痛い、クラクラするってんで、本も読めない。何もできない。夕食も作れないので、ダーには悪いけど、おにぎりを買ってきてもらった。そうそう!ゴールデン街の土田君のところで会った人が、「二日酔いにはカレーがいいんだよ」と言っていたので、お昼にカレーうどんを作って、無理やり食べたんだけど、全然効き目ありませんでした。嘘つき!