February 28, 2005

久々にカラオケ

ダーが飲んでくるというので、先週は全然出かけてないし、今日は私も遊びに行こうっと!という感じで、どん底に繰り出す。やらなきゃいけない事はたくさんあるんだけど、気晴らし、気晴らし!

今日は月曜日ということもあって、1階も2階も地下も空いていた。上野広小路ボブから「LOTR」のDVDを返してもらわなければならないので、2階に行きたかったが、1階にもお客さんが一人しかいなかったので、なんとなく上がるタイミングを逸する。

そのうち、ホテル・オークラの斉藤君、祐平、ともみちゃん(最近できた祐平の彼女)が来て、なんとなく話が盛り上がって、カラオケに行くことになり、店も早仕舞いだったので、あとから宮下君も加わって、5人で朝までカラオケをしてしまった。

マツケンサンバ、2回も踊っちゃいました!

松平健が、すごくお気楽に踊っているような感じだから、楽に踊れるんだろうと思っていたら、結構きつい!ショートバージョンなのに、2回踊ったら、もうガクガク。あ~、運動不足!てか、朝までカラオケって、もうつきあいきれない。はあ、はあ・・・。

●カラオケメンバーその1

どん底・宮下君

●カラオケメンバーその2

ホテルオークラ・斎藤君
仕事柄こまめに世話してくれる。

●カラオケメンバーその3
祐平君&最近できた彼女も一緒。熱い!
二酸化炭素出過ぎ!
温ダウン化してくれ!(>_<)

February 27, 2005

授業のこと

3月1日から、今年取る授業の申込をしなくてはならないのだが、ダーは「今年はアメリカに行くんだから(ヨーロッパになるかもしれないが)、取っても無駄だ。その分アメリカ行き(しつこいようだがヨーロッパかもしれない)の費用にまわせ」という。マジで会社やめるつもりなんだな。。。

そうなると、短期の授業だけ取ろうかなどとも思う。でも、英語の授業を取っていたほうが、何かとわからないところがあった場合に、質問などもできるしなあ・・・なんて、去年もそう考えて取ったのだが、質問したのは一度きり。役に立たなかったとは言わないが、当初の目的からは大きく外れた。

海外に行く予定なら、実際に使える英会話か、はたまたスペイン語(アメリカの場合、たぶん南部だから)でも取ったほうがいいかも?などなど、どうしよう。今年は全然取らないというのも、なんか不安て感じもするし、授業がないと、そのかわりに図書館で勉強しよう!なんて思っても、結局全然行かないなんてことにもなる。でも、たしかに途中抜けるのはもったいないとも思うし、お金が余っているわけでもないし、ああ、でもどうしよう。。。まったく、なんて優柔不断なんだろう!

今日もダイエットはお休み。勉強もお休み。(^^;
またしてもナンバープレイスにはまってしまって、32面合体ナンプレ(超難しい!)なんかをやり始めてしまったので、もう全然ダメ。でも、基本的にこういう頭の使い方のほうが好きみたい。答えがはっきり出るやつ。ナンプレが終わったら、数学の問題を解こうっと。

って、「マラマッドプロジェクト」はどうするんだ!だいたい1年でやろうというのが、そもそもの間違いだとは思うのだが、それでもやってみなけりゃわからないし、やると公言してしまったんだから、やらなきゃしょうがない。途中、アメリカだかヨーロッパだかに行くとしたら、その分日数が少なくなるわけだし、マジで今から真剣にやらないとダメなんじゃないの?でも、なかなか本気が出ない。英会話もやらなきゃだし~。なんか、気もそぞろ。

February 26, 2005

誕生日のプレゼント

今日タカシマヤに行ったのは、ダーの誕生日のプレゼントを客注で取り寄せてもらったから。
タケオ・キクチの小物で、前に同じものをプレゼントしているんだけど、本人がどうしてもこれがいいというので、店頭にはなかったのだが、わざわざ注文したもの。

ダーは、どっちかというと凝り性なので、気にいると、ずっとそれを使う。私には考えられないけど。同じものをもらうなんて、面白くないでしょーが。でも本人の希望なので、しょうがない。それで喜んでくれるなら、面倒がなくていいや。

また靴買っちゃった!

今日は病院の日だったので、朝食におにぎりを2個食べ(おにぎりって案外カロリーが高いので要注意!)、急いで出かけた。前回やった血液検査の結果も全く問題なく、いたって健康。2日前に続けてお酒を飲んだので、ガンマがちょっと上がってたかなってくらい。でも「基準値」になってたからだいじょうぶ(もしかして検査の人が私を男性と間違えたかもしれないけど)。

「なんで病院に来てるのか、わからないね」と、先生にも言われる始末。行かなくて済むなら、私だってそのほうがいいけど、行かなきゃならない理由もあるわけで、ま、しょうがないのだ、これは。それでも、前は週いちだったけど、今は月いちになったので、だいぶ減っている。月いちでも面倒なんだけど。

で、今週は風邪気味だったので、ほとんど外に出なかったため、帰りにたまった買い物を一気に片付けた。それでタカシマヤに行ったのだが、靴のバーゲンをしていたので、ちょっと見るだけ・・・と思ったのが運のつき。

また2足も買っちゃいましたぁ~!

ちょっと前に、伊勢丹で2足買ったんだよねと思いながらも、だってパンツに合わせてヒールの高い靴がないと困るしとか、カジュアルばかりなので、少しは大人っぽいのもないと困るし・・・などなど、心の中で言い訳して、というか、ほとんど何も考えずに買ってしまいました。ダーが会社やめるっていうのに。ま、買えるのも今のうちさ。

そんなわけで、歩き回ったのですごくお腹が空いてしまい、帰り道のモスバーガーでエビカツバーガーお持ち帰り。てか、ダイエットしてたんだよね・・・。とりあえず、今日はお休み。(^^;

February 25, 2005

ターニングポイント

ダーが会社をやめると言い出した。と言っても、これまでもずっと言い続けているので、今度もまた会社に説得されて、例によって例の如しだろうとたかをくくっていたんだけど、どうやら今度は本気らしい。あとは取締役会で承認されればってとこまで話がいってるらしい。

一回きりの自分の人生だから、思うとおりに生きて欲しいと思う。これは嘘でなく、本心から。でも、生活はどうするんだろう?とか、やっぱり不安はあるわけで、いきなり、パートでスーパーのレジに立つなんてことはできないし、今更会社に勤めるのも無理だしなあ・・・。てゆうか、私が働かなきゃいけなくなるわけなの?

ダーは、そんなに無責任な人ではないと思うから、きっとだいじょうぶと思っているので、そんなに不安があるわけじゃない。むしろ、「会社やめたらしばらく旅行しよう」なんて言葉に、嬉しいとさえ思っているくらい。だったら、今から英会話やり直さないととか、その間サイトは休止だなとか、長い旅行に行くなら、今年の授業は取らずにおいたほうがいいのかなとか、全くノーテンキなことばかり考える。

ま、なんとかなるでしょう!

たぶん、これが私のターニングポイントだと思う。今まであんまり楽に暮らしてきて、ハングリー精神(空腹とはまた別)が全くなかったから、この機会にがんばらなくちゃ!という気になるだろう。もちろん、今までだってがんばってきたつもりだけど、まだまだ甘い。もっと真剣にがんばらないと!

だとしたらダイエットなんかしてて、無意味な時間を過ごすのって、非常に無駄って感じ。太ってたっていいじゃない。100キロもあるわけじゃなし、元気に明るくがんばれるほうがいい。それでも、しばらくはなんとかがんばってみるけどね。ダイエットも!

今日は亡きパパの誕生日だった。亡くなった人の誕生日を祝うというのも何だけど、有名人なら「生誕100年」のお祝いなんてのもあるわけだし、個人的にお祝いしてもいいんじゃない?娘なんだから。

そのパパにお願いしよう。この先、ちゃんとしっかりやっていけますように。何があってもくじけませんように。どうか私たち二人を見守っていてください。

February 24, 2005

幸せ太り

夕べ、夜中にツナサンドを食べてしまった。でも、その後4時間起きていたから、これはよしにしよう。

今日は朝食におかゆと煮物を食べたのだけど、おかゆはすぐにお腹が空いてしまって・・・。とはいえ、午後から昼寝したので、とにもかくにも空腹を忘れることができた。「豆腐」と「空腹」の2つの単語しか頭にない状態だし、力も入らないので、勉強も読書も全然やる気が出ない。

夕方、ダーから飲んでくるという電話があり、じゃ私も飲みに行くかなといつものように思ってしまったんだけど、ダイエット中だしなあ。最初が肝心、ていうか、この1週間はダイエットに一番有効な期間なので、外せないと思い、今日は我慢。飲みに行くようなパワーもないってのが本音だけど。

にしてもダイエットって、非生産的なマイナス感覚になってしまうのが困る。逆にハングリー精神がいい結果を生むってこともあるだろうけど、とりあえずは空腹だし、ぱわーが出ないし、ほかの事は何も考えられないし、集中しないしで、今のところ何のプラスにもなっていない。現在は脳も体も正常なので、お腹が空けば食べたいのは当たり前のことなんだから、そこを無理して我慢するっていうのは、どうも体に悪いような気がする。「痩せている=美しい」なんて幻想は、もうやめてほしいもんだけどなあ。

悪いけど、私は「幸せ太り」なんで。

人が傷つくなんてことを考えもせず、平気で「太った」とか「太ってる」とか言っちゃう本人だって、世界一のいい男ってわけでもなし、結構へなちょこの下司野郎だったりして、欠点を挙げればきりがないけど、あいにく私は、そういうことを平気で言うような躾はされてないもんで、かろうじて黙っていてあげてるけど、あんまりイライラしてきたら、全部あらいざらい欠点を挙げてやる。覚悟してなさい!

そんなこんなで、ダイエットを始めると、ほんとに全然本も読めなくなるってのが非常に困る。くだらないことを考えて時間を無駄にしてる感じで、よけいにイライラする。つまんないことに関わらせないでよと思う、まったく!

February 23, 2005

ダイエット2日目

軽い朝食&夕食に湯豆腐一丁としらたきの味噌煮込み。特に運動なし。昼間はさほどでもないが、私の場合、頭も体も活動的な夜のほうが、空腹を感じてしまう。お腹が空いた~!

こうなると、精神的にもイライラするので、本も読めないし、勉強もできない。ちょっとしたことにもむかつく!ってことになる。でも、しばらくの辛抱。そのうち豆腐に飽きてきて、見るのも嫌という頃になると、食欲など感じなくなってくるのだ。食事制限は、はっきり言って辛い。その代わり、効果もあることは事実なんだけど。。。辛いよ、やっぱり。

そんな状態でいるところ、また茨城南部で地震があったので、心配してママに電話したのだが、いつものことながら、勝手にしゃべり放題、人の話は聞いちゃいない(なぜか人の話に対しては、耳が遠くなるらしい)、挙句の果てにはお説教が始まるという例によって例のごとくの会話。

ぶち切れました!

自分でもイライラしているのはわかっていたんだけど、うちのママのお説教は、とにかくしつこい。その上最近では、年を取るとああだ、こうだという愚痴も入ってきて、だから今からああしろ、こうしろと、もういい加減うんざりだったのだ。

いつもは黙って聞いてやっているのだけど、なにせ空腹なもので、我慢ができなかった。地震の話と、来月、白内障の手術をするという話がメインだったはずなのに、いつの間にかやっぱりお説教と愚痴に取って代わっているわけだから、電話をかけるのも嫌になる。

「年よりは嫌われるんだ」などひがみっぽいことまで言う。そりゃ、あんなにしつこくお説教と愚痴を聞かされたら、年寄りじゃなくたって、嫌われるってのよ。ちょっと前にも、会えば愚痴のオンパレードだった友人と手が切れて、すっごくさっぱりしたんだから。母親じゃしょうがないとはいえ、そういうのはやめろと言っても聞いちゃいない母親が、将来自分もああなるんだろうかと思って見てしまうと、とても嫌。

February 22, 2005

風邪だけどダイエット

青梅で、ディズニーランド並みの人ごみにまぎれたせいか、風邪のウィルスをもらってしまったようだ。体調不良時期に、活動するのも不可。ああ、喉が痛い。ていうか、鼻と喉の中間あたりに炎症がある感じ。このごろ風邪を引くと、いつも最初にこの症状。風邪薬と、1個だけ残っていた抗生物質を飲んだが、またひと通り風邪のプロセスを通過しないと、治らないんだろうなあ・・・。ぐすん。

で、風邪を引いたというのに、今日からまた「おとうふダイエット」を始める。去年、これで9キロ痩せたのだが、年末年始にダラダラしたせいで、また3キロ戻ってしまったため、今のうちに修正しなきゃって感じ。食べ物でウェイト・コントロールするのは辛いんだけど、運動はもっと嫌いなので、しょうがない。食べ物を我慢すると、気が荒くなる。ていうか、イライラして性格が悪くなる。でも、私は太ってたって全然いいんだけど、周りがうるさいので、これまたしょうがない。イライラしたら、うるさい奴らにあたってやる!

読書とかに全く集中しなくて、どうしたもんかなと思っていたのだが、今読んでいる『The Jane Austen Book Club』がいけないのだと思い、中断した。というのも、これはやっぱりジェイン・オースティンの本をよくわかっていないとダメで、主要6作品を全部読んではいるものの、すべて忘却の彼方なので、いきなり主人公や登場人物の名前が出てきて、この人はああだ、こうだと言われても、誰だっだっけかなあ・・・という感じだから、もう全然話が通じないのだ。

そういう状態でも、この本の話自体にさほど影響があるわけでもないとは思うんだけど、やっぱりオースティン作品がメインテーマなんだから、その部分が飛ぶとなると、どうにも気持ちが悪い。なので、とりあえずやめた。

代わりに、Dean Koontzの『One Door Away from Heaven』を読み始めたが、これもどうだかなって感じ。クーンツはキングよりも読みやすいし、ページターナーなので進むとは思うんだけど、700ページ近くあるので、今月中に無理かも。ううむ・・・。

February 21, 2005

「シッピング・ニュース」

体調不良時期にいろいろ動いたので、さすがに疲れが出て、ちょっと喉も痛いし、風邪を引いてしまったかなという感じ。何もやる気が起きない。そもそも月曜日は「休養の月曜日」だから(主婦は土日は休みではない)、今日はのんびりしようと思って、おととい購入したビデオ「シッピング・ニュース」を観る。

主演がケヴィン・スペイシーだし、相手役もジュリアン・ムーアだし、どちらもあまり好きじゃないから、さほど期待はしていなかったんだけど、原作も読んでいることだし、なんといっても監督がラッセ・ハルストレムなので、映像はとても期待していた。結果、期待以上の出来だった。ジュリアン・ムーアはどうでもいいのだが、ケヴィン・スペイシーのダメ男ぶりが非常によかった。あの人は、カッコイイ役よりも、こういうダメ男の役のほうが似合ってる。

原作では、そのダメな男にイライラもしたのだけど、映画のほうは、いかにも正直者で真面目で、いい人なんだなあという感じが出ていた。けっして悪い事はしないといった感じ。それに、ただ単に優柔不断でぐちぐちしているんじゃなくて、やるときはやるじゃん!て感じで、案外カッコよかったり。

主人公が勤める島の新聞社の編集長が、「ライト・スタッフ」のアラン・シェパード役(スコット・グレン)だったというのも、個人的にはポイントが高い。その息子役がまたGOOD!ハルストレム監督の男の子の趣味は非常にいい。ていうか、私好み。今回の注目株の男の子は、どちらかというとヴィゴ・モーテンセン系かな?男の子というより、すでに男って感じだけど。マジでよかった。誰だ、あれ?

しぶがきさん(宗方慶司)の短編「誰もいない」(100円で買わされた同人誌「歩行」収録)を読む。暗いよね、相変わらず。彼の小説の主人公は、自分の中だけで考えすぎてるって感じの人物が多い。最後に必ず、だから何なんだ?と思わずにいられないという感じ。仮名遣いなんかも、太宰治とか、そのあたりの時代の小説を真似ている感じ。現代の若者の会話をそのまま書かれるよりはずっとましだけど。

February 20, 2005

青梅マラソン

あ~、やっぱり昨日飲まなきゃよかったよぅ~って感じで二日酔い。13時頃、土岐さんから「けんちゃん。ゴール」の知らせが入る。やっぱり行かなきゃダメだよね。(^^;

15時頃の青梅行きに乗り、16時丁度に河辺到着。ゴール近くの待ち合わせ場所に行くと、なんか盛り上がってないし、あれ?と思ったら、全員ゴール済み。でも、16時に来いと言われたんだから、約束は守ったんだよ。とりあえず、全員完走で、よかった。足を引きずってる子もいて、ちょと痛々しい感じもしたけど、30キロなんて、よく走れるなあって感じ。私は短距離専門、それもスタート勝負の50メートルまでって感じだし、マラソンできる人って尊敬するよ。

とりあえず「どん底狂走学団」と名前がつけられているわけだし、お客さんからのカンパもかなりあったようなので、最後の力を振り絞って、店に報告に行く。って、私は全然元気なんだが(二日酔いで頭痛ってだけ)。それから、比較的元気な宮下君と上村君と3人で、銅羅へ。マラソンを走った人は、皆死ぬほど疲れただろうけど、私も連日の飲酒で飲みつかれ。しょうがない、宴会要員だから。

明日からNYに行くテツに、最後の挨拶。おみやげ、期待してるのよ本心では。(^^;

狂言の舞台の打ち上げが3階であったため、上智の学長のウィリアム・カリーさんがピアノを弾いて歌っていた。カリーさんは、普段日本語がペラペラだけど、酔うとやっぱりおかしくなるみたいだ。あとから共演者の野村万斎が来るというので待っていたんだけど、結局来なかった。

Amazonから本が1冊届いていた。Diana Gabaldon『The Fiery Cross』。

February 19, 2005

トヨタまた暴力で東芝に勝つ

社会保険庁の信じられないずさんな管理のせいで、大久保の社会保険事務所に行かなければならなかった。今まで真面目に保険料を払っているというのに、なぜ保険庁のほうではちゃんと管理していないの?ほかにやることないでしょうがっ!あまりにひどい!

と、憤っていても年金がもらえなくなるだけなので、しょうがないので雨の中を出かけた。混雑しているかと思いきや、誰もいなかったので、用件はすぐに終わったが、なんかすっきりしない。言いたいことが言えなかったせいだ。で、待合所に、立派なテレビが置いてあって、ラグビーの日本選手権の準々決勝の中継をやっていた。誰も見ていないのに。これはそこのソファーにふんぞり返って観戦する権利はあるぞと思い、東芝府中とトヨタの試合を最後まで見てきた。

ここからは、もう社会保険庁などどうでもよくなる。今日の勝敗は、絶対東芝が勝つと思っていたのに、トヨタが勝った。それも、またしても暴力でだ。今回の審判が、例の4番トロイと、8番ティアティアを退場にしたのには溜飲が下がったが、1週間遅いんだよ!って感じ。先週もあの審判だったら、早稲田は勝っていたかも。にしても、あの強い東芝がボロボロになっていたのには、信じられない思い。それだけトヨタの暴力がひどかったということ。まじで汚い。今回はNHKも引きの映像ではなかったため、テレビでもよくわかったから、見ていた人は皆、「あれはひどい!」と言っていた。

フェアプレーの精神のないチームを容認している会社そのものにも、ダーティなイメージがついてしまい、トヨタが大嫌いになる。Amazonと一緒で、それがおたくの経営方針ですかということになるからだ。ラグビーと経営は別だなんて、思えないから。私はトヨタの車なんか絶対買わないからね。

花園でのもう1戦も、ヤマハが勝つと思っていたが、予想外でNECだった。決勝戦はお客も少ないだろうな。NECはともかく、トヨタみたいに汚い試合をしていたら、見に行きたくなくなるから。

というわけで、社会保険事務所で熱い時間を過ごした後、明治通り沿いのBOOK・OFFに行く。ロイス・アン・ヤマナカの『ワイルドミートとブリーバーガー』と、ビデオ「シッピング・ニュース」を購入。その後高島屋で買い物。銅羅でご飯を食べて帰ろうと思ったが、明日の青梅マラソンの件の打ち合わせが電話でできなかったので、どん底に寄る。最後はHAVANA。大酔っ払い。明日、だいじょうぶかな?

February 18, 2005

完璧に昼夜逆転

今日もPC作業で徹夜したので、昼間寝ていた。ダーは飲み会なので、ご飯を作らなくてもいいから、ゆっくり寝ていられる。天気も曇りから雨、雪へと変わった。

どん底のテツがNYに行くので、おみやげを頼んでいたのだが、一応「期待はしないよ」と言っておいたところ、「期待しないでください」とメールが来た。本心はすごく期待しているので、テッちゃん、頼むよぅ~!

ダーのご飯がいらないから、コンビニでおにぎりとかサンドイッチとかを買ってきて、PC作業をしながら食べる。料理もせず、食器も何も使わない、こういう簡単な生活って好き。ご飯を作らなくていいってことが、どれほどうれしいか。(^^;

結局、PC作業に時間をとられて、予定していた勉強とか、「マラマッドプロジェクト」が全く進まない。やはりPCは禁じるべきか?どうせ掲示板も何も暇だし、やめたって、何の影響もあるわけじゃなし。

でも先日、ホーソーンの短編の邦題をおしえてくれという全く知らない人からのメールが来たので、私はホーソーンなど有名なものくらいしか知らないんだけど、一生懸命調べてレスしてあげたのに、結果どうなったのか、お礼のメールもない。文章の不確かな、ちょっと???な感じの人だったので、どうかな?と思っていたけど、やっぱりそうだったかと。とにかく、人に物を頼んでおいて、お礼もないとは失礼千万。親のしつけがなっていないんだろうが、非常に腹が立つ。

February 17, 2005

早稲田講座案内

吸血鬼が襲ってくる夢を見て、寝汗をかく。存在を知られてしまったら、どこに隠れても絶対に逃げられないという怖~い夢。体調不良時期だからか、それともヴァンパイア小説を読もうと思っていたからか・・・。この前読んだヴァンパイア小説『ミッドナイト・ブルー』が全然面白くなかったので、ドラキュラ系を読みたいと思っていたんだけど、怖いのでやめておこう。

早稲田から今年の講座案内が届く。詳しいことはメインの日記のほうに書いたが、今年もこれといって心ひかれるものはない。でも、せっかく行き始めたのだし、常時英語の質問ができる状態にもしておきたいので、やっぱりまた去年と同じ総合英語かな。もう少し英米文学の講座を増やして欲しいのと、創作科みたいなものもやってくれるといいんだけど。

昼寝をしていたら、住友生命のおばちゃんに起こされる。平日の昼間に、ダーがいるわけないじゃん!と、寝起きなのでむかつく。おばちゃんは、結構しつこい。いないと言っても、なかなか引き下がらないので、むくれた顔で出てやったら、よほど怖かったのか、しぶしぶ帰っていった。

この間から、「なブログ」「Bloguru」「Jaxy」など、いくつか新しいブログを作ってみる。あれこれ試しているんだけど、すべての条件を満たしているところは少ない。JAVAスクリプトで、サイトやブログに時計をつけてみた。普通、どんなPCにも時計はついているから、非常に無駄という感じもしないではなかったけど、なんとなくおもしろそうだったので。(^^;

イタロ・カルヴィーノの『レ・コスミコミケ』を読み始める。

February 16, 2005

茨城南部で地震

早朝4時46分、茨城南部で強い地震。岩井、土浦で震度5弱。東京は3だったが、縦揺れでかなり大きかった。縦揺れなので、これで一貫の終わりかと思ったほど。震源地はちょっと前にもあった場所と同じ。あのあたりは子どもの頃にはそう大きな地震などなかったのに、新聞で見たら、「地震の巣」なんて書いてあった。いつのまに巣になったんだろう?

昨夜からPC作業で徹夜。体調が悪いと思ったら、事実上も体調不良時期に突入。なので、雄弁会の岡田君から飲みに誘われたが、断った。腹痛が辛いのもあるけど、20歳前後の男の子二人と飲んだら、あとは推して知るべし。お財布がからっぽになってしまう。行かないほうが無難。

マラマッドのテキストを、昨年買ったプリンタ(コピー、スキャナつき)で拡大コピーしようと思ったら、できなかった。ちぇっ!役に立たないじゃん!

マリアン・キイスの『Last Chance Saloon』を読了。

February 15, 2005

「LOTR」トリロジーBOXセット

夕べも眠れなかったので、調子が悪い。細切れに昼寝をしたら、よけいに具合が悪くなった。

Amazonから、一般には明日発売の、言うのも書くのも面倒な、DVD「ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOXセット」(全3巻12枚)が届いた。これはダーからのクリスマスプレゼント(昨年のクリスマス前に予約した)。中つ国手帳は今度はエルフだったが、モルドール通行証はサムだったので、がっかり。アラゴルンが欲しかったのに!サムじゃ、なくても一緒って感じ。どうせならゴラムのほうがまだよかった。

「指輪」関連は、「ハリポタ」と一緒で、本でもグッズでもすでにコレクター化しているので、このDVDも「限定品」ということで購入してしまった。映画より原作のほうが断然いいのはもちろんなんだけど、「限定」という言葉に弱いコレクター。届いたはいいが、そのまましまい込む羽目に。これを観るとなったあ、一大決心をして、他に何もしなくていい状態でなければ見れないし。宝の持ち腐れ。(^^;

February 14, 2005

バレンタインデー

夕べ、夜中にほとんど眠れず。今週から生活リズムを正して、マラマッドに取り掛かろうと思っていたのに、全然調子が出ない。でも、とりあえず「バーナード・マラマッドプロジェクト」開始。

ディケンズの『オリヴァー・トゥイスト』をやっと読了。長かった~。今まで読んだほかの作品に比べれば、数倍面白いと思うが、ディケンズの文体はどうも合わない。次に読む本をさんざん迷った末、『The Jane Austen Book Club』にする。冒頭の印象は面白いのだが、かなり知らない単語も多く、文章の言い回しも難しかったりする。単語もきっちり調べて読んだほうがいいとは思うけど、お風呂で読んだりするので、なかなかそうもいかない。

今日はバレンタインデーなので、ダーにチョコを12個(べつに数に意味はない)あげる。ゴディバなどの高いチョコは逆に喜ばないから、ごく普通のコンビニで売ってるやつ。毎日食後にチョコを食べるので、これで十分。ちなみに私は甘いものは嫌い。

夕方から気持ちが悪くなり、夕食時には腹痛がひどくなった。冷えたのかも。お風呂で暖まってから寝たが、夕べ寝ていないにも関わらず、全然眠れず。

February 13, 2005

激怒疲れ

昨日、あんまり怒ったので、疲れ果てた。まだ怒っているし。だけど、今日はダーがゴルフに出かけたため、1日寝ていられたので助かった。(^^;

にしても、やっぱり許せないトヨタ&トロイ。聞けば、トヨタは社会人チームで一番ペナルティが多いチームなのだそうだ。ふん、そういう社風なのか。Amazonみたいなものだな。とにかく、あんな選手がいたんじゃ、会社のイメージ悪いよ!元オールブラックスらしいけど、オールブラックスの名前も汚してるし。オールブラックスのハンカチを10枚くらい持ってるけど、全部捨ててやる!

それに、うちは義父の車がプログレだけど、返品するぞ!ま、それには所有権がないからどうでもいいけど、私は金輪際、絶対トヨタの車なんか買わないと決心した。ていうか、買えないというのか・・・。実家の車は、おじいちゃんの頃からずっとオースチンで、その後は日産オンリーだったから、トヨタには一切関わっていない。一生関わらない。

『ハリー・ポッターと賢者の石』携帯版読了。
昨日、Amazonから<Outlander>シリーズが1冊届いていた。

February 12, 2005

トヨタ暴力で勝つ

ラグビー日本選手権準々決勝「早稲田対トヨタ」の試合を観に行ったが、あんなひどいラフプレーは観たことがない。

ただでさえ図体のでかい外人選手に当たれば、それだけでもダメージなのに、殴る、蹴る、首をしめると乱暴し放題で(特に4番のNZ人トロイ)、観客からも何度も「退場させろ!」と怒りの声。

社会人のほうが力が上なんだから、暴力なんか使わなくたって十分勝てるんだし、だいたい学生相手におとな気ない。熱くなるのはわかるけど、フェアプレーで頼みますよ。大人なんだから。それに子供だって観てるんだし。暴力で勝っても全然偉くないから。

その証拠に、くだんのトロイは、試合後の挨拶に出てこれなかった。非難を浴びるのは必至だったから。私だって思い切り悪態ついてやろうと、中指立てて待ちかまえてたのにさ。もちろん外人に理解できる言葉で。

とりあえず、家に帰ってビデオを観たんだけど、例のNHKと朝日新聞の問題で、引きっぱなしの映像。これじゃトロイの暴力沙汰も、テレビしか観てない人には分からないじゃないの!トロイもおとな気ないが、NHKもおとな気ない。マジで馬鹿じゃないの?って感じ。まるで子ども。また受信料払わない人がたくさん出てくるのは必至でしょう。

だけど、私はちゃんと暴力現場を覚えていたので、テレビのトロイに向かって罵声を浴びせ、殴りかかっていたところ、「うるさいから外で発散してこい!」と言われたので、そりゃ望むところだ!とばかり、どん底に繰り出した。でも、実際に見てない人に話しても、「スポーツなんてそんなもんだよ」で相手にしてもらえないし、かえって不満がつのったかも。

だけど、「スポーツなんてそんなもんだよ」とか、「ビジネスなんかそんなもんだよ」とわかったようなことを言うような人間にはなりたくない。「そんなもん」てことは「良くない」または「悪い」と認めているわけで、「良くないこと」「悪いこと」はやっぱりしてはいけないんじゃないの?と憤りまくった私であった。

帰りにDMXで発散しようかと思ったが、あまりに酔いすぎていて、発散したんだか、しなかったんだか、よくわからなくなってしまったけれど、トロイのことは、「あの外人野郎!」って感じで、絶対許せない!と叫んでいた。私は人種差別はしないと思っていたけど、案外差別主義者かもね。

February 11, 2005

青梅マラソン壮行会

2時から、昨年オープンした南阿佐ヶ谷の土岐さんの店「ごち」で、どん底狂走学団(作家・宗方慶司命名、青梅マラソンチーム)の壮行会。20日のマラソン当日には、どん底関係者7人が走る予定らしい。

そこで、例のオリヴァー・カーンのユニフォームをもらう。
すごい!すごく馬鹿です!
「1 OLIVER KAHN」の下に「LOVE」って書いてある。(赤恥

ま、どうせ私は走らないんだからいいけど、これで応援に行くのも恥ずかしい。そうだ!その日は社会保険事務所に行かなきゃいけないから、当然、応援にも行けないはず。でも、行かないと、あとで何を言われるやらだ。(^^;

とりあえず、完走を目指そうということで気合を入れるが、もし完走できなかった場合の罰も、しっかり各自の念書をとっておいたので、どちらかと言えば、そちらのほうが楽しみかも。でも、よねちゃんの陰毛を剃るというのだけは、絶対に見たくない。死んでも完走しろよ!

その後、場所をどん底に移して、ダーも呼んで二次会。皆前日から飲んでたりして、夕方にはすでに眠くなっており、二次会は盛り上がらなかった。もっとも、しぶがきさん(宗方慶司)なんかは、実のところ棄権しようかとマジで考えているみたいで、目がうつろだった。

February 10, 2005

ダーの誕生日

ダーの誕生日。夕食に何が食べたいかと聞いたところ、焼肉が食べたいというので、近くの「イドンカルビ」という焼肉屋に行った。ここって、ずぅーっと「インドカルビ」だと思っていて、インドにも焼肉があるのかなあ?なんて、不思議に思って店。よくよく見たら、「イドンカルビ」でした。(^^;

で、入ってびっくり!いきなり巨大な額に入った特大のヨン様の写真が2枚現れた。それを正面に見ながら(しかも間近で)、焼肉食べたわけです。うちのママなら喜んだだろうけど、私は特にヨン様ファンでも韓流ドラマファンでも何でもないので、全く感激もせず、ただひたすら食べてたけど、はっきり言っておいしくなかった。

とはいえ、そもそも私は焼肉が好きじゃないし、日本の焼肉はどこのもおいしくない。日本人向けに甘くしているからだ(韓国人曰く)。焼肉食べるなら、韓国まで行かなきゃダメです。あえて言えば、私は韓国焼肉ファンだな。冷麺もまずかった。帰りには雪もちらつくし、なんかわびしい。

だからさあ~、毎年言ってるんだよ。何もしなくていいなんて言いながらも、結局どうでもいいところに食べに行く羽目になって、なんだ、おいしくないじゃん!てことになるんだから、最初からここに行きたいと言ってちょうだいって。去年も大久保の韓国料理に行って、やっぱまずかった。なんでいつも韓国なの?焼肉って言うからか。だったら、日本の焼肉はまずいっていい加減わかっただろうから、来年はどうせならステーキにしようよ。シュワちゃん御用達パークハイアットのニューヨーク・グリルかなんかで。(^^;

姪に、誕生日に約束した日記帳を送る。日記というのは、頭の中を整理するのに役に立つ。あのアメリカの作家ジョン・チーヴァーも、強く勧めているので、今から書く癖をつけてやろうと思って。って、実の母親より教育ママかも?

February 09, 2005

ハリー・ポッターと賢者の石

夕べから今朝にかけて、2時にお風呂に入り、4時に就寝、6時には目が覚め、仕方がないので9時まで読書をするという変なことをしてしまったせいか、胃が痛くなった。というか、昨日キムチチゲをして、その残りで、今朝おじやを作って食べたのが悪かったのかも。激辛にしたし。

Amazonとマーケットプレイスから、<Outlander>シリーズが2冊届く。すぐにも読みたいけれど、ディケンズが終わらないことには、どうしようもない。しばらくおあずけ。とはいえ、今回オーダーした<Outlander>シリーズは、どれも分厚いので、1冊にどれくらいかかるものやら?だ。

ディケンズが・・・と言いながらも、実は『ハリー・ポッターと賢者の石』の新しい携帯版を読んだりしていて、ディケンズと比べたら、そりゃもう絶対こっちのほうが面白いわけで、余計にディケンズが終わらないという状態になっている。原書、邦訳と何回か読んでいるけど、やっぱり「ハリポタ」は面白いよ。映画も楽しいけど、原作には到底及ばない。

ダーが飲んでくるというので、私も10時頃どん底へ。というのも、テツが今月下旬にニューヨークに行くというので、おみやげを頼みにいったのと、上野広小路ボブと宮下君に、「LOTR」のDVDを貸し出すため。大事なDVDなので、本当は気が進まないのだが、今月「スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOXセット」が届く予定なので、コレクターズ・エディションは貸してもいいかと。

学さんから「オリヴァー・カーンのユニフォームを作ったから、11日の青梅マラソン壮行会には絶対来るように」と言われる。ていうか、ユニフォームって、なにそれ?って感じなんですけど・・・。そういえば、だいぶ前に、好きな名前は?と聞かれ、たまたまサッカーのドイツ戦があった頃だったので、「オリヴァー・カーン」と言ったような気がする。あれだったのか!

February 08, 2005

ライブドア

インターネット関連会社のライブドアは8日、ラジオ局のニッポン放送(東京証券取引所2部上場)の発行済み株式の35.0%を取得したと発表した。同放送が筆頭株主となっているフジテレビジョン(東証1部上場)を中核とするフジサンケイグループと、資本・業務両面で提携し、ネットとテレビ・ラジオを融合したビジネスをめざすとしている。─asahi.com

・・・続きを読む


で、なぜ拍手マークかというと、

昨年、近鉄バファローズ買収に動くなどプロ野球球団経営への強い意欲をみせたが、フジサンケイグループが大株主である横浜ベイスターズやヤクルトスワローズに関しては「たまたま。結果としてそうなっただけ」と説明するにとどまった。


というわけで、株のことなど何もわからないんだけど、

そうか、ベイスターズか!

って感じになったため。神奈川テレビが放映してくれない試合を、ライブドアがネット配信してくれるかも・・・と淡い期待を抱く。試合を観るだけなら、スカパーにでも加入しろって話ではあるけど。

まかり間違って楽天じゃなくてよかったよぅ~!
関連記事:「発展祈って、草葉の陰から見守りたい」 堀江社長/“草葉の陰から”というのが笑えるんだけど。。。


それにしても、

お金があれば何でもできちゃうのね

と今更のように思った次第。もちろん、お金で買えないものもあるけどね。ちなみに私は、

「清貧に甘んじる」

という主義なので(やせ我慢かも?)、株や球団など買えなくても、全然OKですけど。

迷った挙句

Diana Gabaldon の<Outlander>シリーズ を、紀伊国屋、ジュンク堂、Skysoft、Amazonで値段を比較して、できるだけAmazonでは買いたくないと思いつつ、実際、Skysoftが一番安いかなという結論に達したので、注文しようとしたところ、サイトエラーで全然注文できなくなってしまった。

紀伊国屋はそこそこではあったけどやはりネットよりは高いし、ジュンク堂にいたっては問題外の値段だったから、SkysoftかAmazonで買うしかなかったんだけど、絶対Amazonでは買いたくないと思っていたのに、Skysoftが注文できないのでは、どうにもしようがない。

たまたまAmazonのマーケットプレイスに2冊ほど安く出品されていたので、それだけAmazonで買おうかと考えてはいたものの、まさかSkysoftのシステムが壊れるなんて夢にも思わなかったから、ものすごくがっかり。

シリーズの途中が抜けるのはすごく気持ちが悪いので、結局Amazonで買う羽目に陥った。年明けからずっとAmazonでは買わずに来たのに、くやしい~っ!

マーケットプレイスで2冊買っているから、他の本をAmazonで買っても、合計はSkysoftで全部買うより安くなるかもしれないけど、とにかくAmazonで買わないという誓いを破ることになったのが悔しい。さんざん検討した挙句、結局Amazonで買うなんて!あがが~!

それに、注文してからいきなり値段があがったりするし、やっぱり信用できないAmazonなのだ。前日より上がってるというならまだわかるけど、注文した後に上がるって、詐欺じゃないの?でも、いい加減疲れて面倒になってしまったので、もういいや。憎たらしいけど、しょうがない。

こんな思いまでして買ったはいいけど、全然面白くなかったらどうしよう・・・。5冊も・・・。(--;

February 07, 2005

ディケンズ

今日は、昨日の上天気から一転、曇りでとても寒い。立春も過ぎたので、春も遠くはないと思うけど、まだまだ寒い。出不精に拍車がかかる。外に出たくない。でも、いい加減に図書館にでも行かないと、英語の勉強が進まない~。

ブッククラブの課題であるディケンズの『オリヴァー・トゥイスト』の上巻をやっと読み終えた。ううう~ん、やっぱりディケンズだなあ・・・。読むのが面倒。日本語でも、読むのに手間取る。

それでも、『大いなる遺産』とか『二都物語』などに比べたら、まだ全然読みやすいほうなんだろうけど、しつこいほどの書き込みがディケンズの特徴なのか。時代が時代だからと言ってしまえばそれまでなんだけど、彼独特のユーモアや風刺が、面白くない。いや、面白い部分もあるんだけど、時代に合わないというんだろうか。登場人物がみな馬鹿に思えてしまって、何と言っていいのやら、だ。

もちろん、登場人物が馬鹿者に描かれているのは、ディケンズ独特の痛烈な風刺で、馬鹿に見えていいわけなんだけど、それにしても、イギリス人てこんなに馬鹿なの?って感じ。この本は分冊で出版され、好評を博したものなのだが、その出版形態を真似したのがスティーヴン・キングの『グリーン・マイル』。ディケンズも当時は大衆小説の作家だったわけで、同じくエンターテインメントのキングに通じるところはあるんだろうけど、だからといって、分冊にして儲けようというキングの主義は、賛成できない。それでも売れる公算があるからそうするんだろうけど。

でも、ディケンズはほかに『デヴィッド・コパーフィールド』と『荒涼館』が残っている。どちらも4巻ずつ。ジョン・アーヴィングがディケンズファンなので、きっと面白いに違いないと思い込もうとしているのだけど、正直言って、個人的には好みではない。アーヴィングもそうだが、詩的な描写を連ねるのではなく、詳細に書き込む作家というのは好きなんだけど、ディケンズはどうも合わない感じ。『二都物語』の翻訳をした中野好夫さんでさえ、「昔はこんなのを教科書に使っていたんだから、ひどい」なんてことを言っている。『オリヴァー・トゥイスト』は、『二都物語』よりも全然ましだとは思うけど。

さて、ディケンズがサクサク行かないので、気分転換に昨日ジュンク堂で購入した本の中の1冊『Citizen Girl』(『The Nanny Diaries』の作者)でも読んでみようかなと思って、冒頭を読んでみたところ、たいした内容ではないのに、結構知らない単語がたくさんあって、辞書引かなきゃダメかしらんと思ったら、途端に読む気がなくなった。なんとなく内容はつかめるものの、やはり歯抜けでは気持ちが悪い。かといって、わからない単語を全部引くほどの内容でもないので、どうしたものか。読まずに箱入りかもという嫌な予感。

古典の単語も難しいけれど、現代ものも意外に難しい。省略も多く、現代のネイティブの英語(特に会話)に慣れていないと、読みにくかったりする。『ブリジット・ジョーンズの日記』のような、ポップな感じの女の子の話とかというのは、内容はどうってことがないのに、案外読みにくかったりするんだな。それに時間を取られるのが、いいのか、悪いのかって感じ。

ディケンズは、ブッククラブの課題(普段なかなか読まない古典を読むという目的)なので、まあしょうがないと思うんだけど、何か面白い本を読みたい。マキャモンの『マイン』を用意してあるんだけど、ディケンズが終わらないことには、なかなかそちらに行けない。かなりイライラする。実際、ブッククラブは本当にやめたいんだけどなあ・・・。大変な思いをしているのは、結局私だけなんだから。

February 06, 2005

マイクロソフトカップ

ラグビーのマイクロソフトカップ(東芝府中×ヤマハ)決勝のチケットをもらったので、秩父宮に行く。正直なところ、マイクロソフトカップよりも日本選手権のほうが見たかったのだが、もらったものには文句は言えない。その代わり、次週は日本選手権の準々決勝を観に行く予定。ていうか、すでに前売り買ってあるし。

結果は、20対6で東芝府中の勝利。圧倒的に強い感じだったけど、そのわりに点が思ったほど入らなかった。それにしても、どういうわけか社会人のラグビーって面白くない。それなりに見所はあるんだけど、なぜか興味が持てない。魅力のある選手もいない。なんでだろう?勝利チームの選手全員に、X-boxが贈られたのは、ちょっと羨ましかったけど。

帰りに青山のお蕎麦屋で軽く食事をして、ダーは会社へ、私は新宿へ。時間が早いので、三越のジュンク堂を見に行ったところ、洋書が紀伊国屋より高いのはわかっているんだけど、また紀伊国屋にいくのも面倒なので、思わず3冊買ってしまった。それも、欲しい!と思っていた本ではなくて、ちょっと気になる程度のもの。Amazonに嫌気がさしてから、ずっと新しい本を買うのを我慢していたので、その我慢が切れたって感じ。

そのあと、6階のLOFTで文房具を見たのだが、これも失敗。文房具に目のない私だから、本1冊に匹敵するくらいのノートを3冊と、姪二人に送ろうと、日記帳を2冊購入。ノートなんてたくさんあって、使いきれないでいるっていうのに、見ると欲しい衝動が抑え切れなくて、ダメダメなのね。

その後、どん底に飲みに行く。日曜日なので、誰も知ってる人が来ないなあと思っていたら、祐平が来た。11日に、土岐さんのところで、青梅マラソン出場選手(どん底関係)の壮行会をするんだって。土岐さんのところにはまだ一度も行っていないので、その機会に私も参加することにした。

February 05, 2005

体力不足

昨日は、夕方サブナードにラグビーのチケット(日本選手権第二戦)を買いに行き、その後紀伊国屋でしばらく本を見て(見るだけ)、ダーが夕食にうなぎを食べたいというので、登亭までうな重を買いに行った。

ダーの帰りが9時頃だというので、上野広小路ボブに貸してあった「ハリポタ」のDVDを返してもらいに、どん底に寄った。ター坊から洋風おにぎりを1個もらったので、他に何も食べずに飲んでいたんだけど、やっぱり食べないとダメだよね。悪酔いしちゃいます。食べずに飲むのはいけません!

ター坊が帰ったあと、女装のルミさんが来たので、一度家に帰り(うなぎを置きに)、再び出動。ルミさんと、二丁目のナチュラルハイに行った。ホモバーに、女装の人が行ってもいいの?と一応確認してから。新宿まで二往復したし、久々にカラオケも歌ったしで、かなり疲れた。

ナチュからの帰りに、セブンイレブンで明日の朝食用にサンドイッチを買ったはいいが、レジでおでんの匂いにつられて、おでんも買ってしまった。洋風おにぎり1個しか食べてなかったから、かなりの空腹だったから。ダーがまだ起きていたので、二人でおでんを食べて寝た。

で、今日は二日酔いってわけじゃないのだが、昨日の疲れが抜けてなくて、だるくて起きられなかった。サンドイッチを買っておいて正解。それにしても、体力不足を痛感。明日はラグビー観戦(マイクロソフトカップ決勝)。ちなみに、今日の日本選手権第一戦は、早稲田は楽勝だったが、関東学院は負けたようだ。今年の関東はほんとに弱い。

February 04, 2005

メールより掲示板

最近、みんなメールをくれるんだけど、おかげで掲示板が暇。
基本的に私はメールが好きじゃないし、特別プライバジーに関わるようなことでなければ、掲示板に書いてくれたほうが、どれほど嬉しいことか。

ずさんな社会保険庁

寒いので、ウルトラ級の出不精になっている。普通なら、いそいそと飲みに行ったりするのだが、それさえも面倒になっている。でも、今日はどうしても出かけなければ。ラグビーの日本選手権のチケットを買いに行かなくてはいけないからだ。ああ、面倒~!考えただけで、下痢しそうなんだけど。<精神的下痢

今週末はマイクロソフトカップの決勝を見に行くんだけれど、本当は、それにはあまり行きたくない。社会人のラグビーは、なぜか面白くないからだ。それより、どうせなら前日の土曜日の、日本選手権の早稲田戦を見たい。でも、チケットをもらったので、文句は言えない。

で、近いうちに社会保険事務所にも行かなくてはならない。基礎年金番号の確認がどうたらこうたらってやつ。これって、こっちは毎月ちゃんと収めているのに、なんで役所できちんと記録してないんだ?と思う。ものすごく不愉快。国民のお金を使って運営されているのに、記録くらいちゃんとしとけよって感じ。記録漏れがあるなんて、全く信じられないことだ。それで気づかない人がいたら、確認の時に申請されてませんからとかって、知らんふりされちゃうんだろうな。あわよくば、国民に当然支払われるべき年金を、そういうところで減らそうって魂胆なんじゃないの?ほんとにむかつく。ちゃんと記録されていなかったなんて、夢にも思わなかったよ。

それに、問い合わせをしようにも、最寄の社会保険事務所の電話番号が記載されていない。住所だけだ。わざわざ来いというわけね。でも、平日しかやっていないんじゃ、お勤めの人なんか、そう簡単には行けないでしょうに。東京都は土日にやっている場合もたまにあるらしいが、それだって、事務所に聞かなきゃわからないわけだし、電話番号を記載していないってのは、不親切きわまりない。

それより何より、とにかくきちんと記録しておくのが役所として当たり前でしょうっての。確認するための書類の作成料や郵送料だって半端じゃないわけだし、きちんと記録してあれば、そんな無駄なお金は使わなくてもいいのに。国民のお金をなんだと思ってるんだ。ていうか、国民そのものを、おろそかに考えてるんじゃないの?自分たちだって払ってると思うけど、理不尽だと思わないのかな。

ところで、社会保険事務所では、職員用にマッサージ機なんか購入してるらしいけど、それを非難されたので、役所に来た人用にしてるって話。今度行ったら、しっかりマッサージさせてもらうからね!

February 03, 2005

棚の組み立て

先日、通販で買ったビデオ・CD用の棚を組み立てた。簡単に組み立てられるんだろうとたかをくくっていたら、結構大変な作業だった。ゴミもたくさん出た。中にはノコギリで切らなきゃいけないようなゴミもあって、それを片付けるだけでも大変。

で、できあがってみると、以外に収納量が少ない。ビデオ・CD用なんだけど、CDじゃなくてDVDを入れたので、コメントされていた収納数とだいぶ違ったのだ。これじゃすぐにいっぱいになってしまいそう。とりあえず身の回りだけは片付いたけど。

借りている「謎の円盤UFO」のDVDを全部見終わった。不思議なことに、外国ものはほとんど字幕で見るのに、これだけは日本語吹き替えじゃないとダメって感じ。最後に声優の対談があったけど、これは余計だな。イメージが崩れる。ストレイカー司令官役の広川太一郎とか、顔は知っていたけど、もうかなりの年だし、フォスター大佐役の羽佐間道夫なんか、なんなの、このオジサン!って感じ。

年を取ったっていうのは誰も一緒だと思うけど、わざわざ声優の顔を出さなくても・・・。もともとフォスター大佐はどうでもよかったけど、これで余計に好きじゃなくなった。見なけりゃよかった。子どもの頃に、ストレイカーの声が広川太一郎だと知ったときも、かなりショックだった。それでも、このDVDは欲しい。PART1とPART2の両方で5万円以上って、高すぎ~!

February 02, 2005

吸血鬼ハンター

昨日もよく眠れず、明け方に起き出して本を読んでいた。寝不足なので、昼寝をしようと思っていたんだけど、「謎の円盤UFO」に見入ってしまい、9話分(9時間)も見てしまった。5枚組みで全13話あるんだけど、明日には全部見れるかな。だけど、あれはまだ1セット目。2セット目も貸してくれるのかな?ああ、あのDVD欲しいよぅ~!

というわけで、寝不足でフラフラした感じだったんだけど、クリーニング屋と銀行に行かなくてはならなかったので、仕方なく出かける。途中でダーから電話が入り、新宿で飲んでるとのこと。来るなら来てもいいよと言われたけど、私が行くと、結局私が支払いすることになるので、やめておいた。おとといの悪酔いが、まだ尾を引いてるし。

さて、ナンシー・A・コリンズの『ミッドナイト・ブルー』を読了。こんなに時間がかかる予定ではなく、サクっと1日くらいで読み終える予定だったのに、予定外にかかってしまった。これは、吸血鬼ハンターの話だというので、ヴァン・ヘルシングみたいな感じなのかなと思ったら、吸血鬼ハンターである主人公は、実は自らが吸血鬼だったりして、3重人格みたいな感じの善とも悪ともつかない中途半端な設定。でも、やっぱり邪悪だと思う。ただおとなしく血を吸うだけでなく、気にいらない奴はみな殺してしまって、それも半端じゃない殺し方。そこまでしなくても・・・って感じ。

割と吸血鬼ものは嫌いじゃないんだけど、この話は「なんだ、こんなの読んじゃったよ」と時間を無駄にした感じで、気分悪い。吸血鬼ハンターというからには、やっぱり善人でいてほしい。映画の「ヴァン・ヘルシング」も、自ら狼男になっちゃったりして、そりゃないでしょうって感じだったけど、『ドラキュラ』に出てくるオリジナルのヴァン・ヘルシングはカッコイイんだから。

February 01, 2005

謎の円盤UFO

当然のように、二日酔い。純ちゃんから、「だいじょうぶですか?」と電話が来た。いえ、だいじょうぶじゃありません。死んでますって感じ。うげげ!

ダーが、会社の人から「謎の円盤UFO」のDVDを借りてきてくれた。このテレビシリーズ大好きだったんだなあ~!知っている人は知っているだろうけど、これって、「サンダーバード」を作った会社が作っているんだよね。なんたって、沈着冷静なストレイカー司令官がカッコイイ!私もSHADOの隊員になりたい!ていうか、お掃除のおばさんでもいいから、SHADOで働きたい!(^^;

今日になって、姪に誕生日のお祝いメールを出す。
昨日は、ラグビーのチケットと一緒に、宗方慶司氏(しぶがきさん)のサイン済みの本を受け取ってきた。そうよ、早く返してくれなきゃ、肝心の本が読めないじゃん!