December 31, 2004

今年最後の二日酔い

今日も雪。

昨日は朝まで飲んでいたので、クエン酸を飲んでも二日酔いを避けられなかった。結局夕方まで回復せず。本当はエビのてんぷらを買いに行くつもりだったんだけど、そんなわけで全然ダメだったから、今年の年越そばはてんぷらなしです。

今日は「超常現象、嵐の大喧嘩バトル」を観なくちゃいけなかったので、ご飯だけは9時までに終わらせて、休む間もなくおせちの用意。テレビが終わってから、ふたたびおせちの用意。昨日飲みすぎているので、普通なら0時になったところでダーと乾杯するんだけど、全然飲む気にならず。その後もナンプレとかして過ごした。

予定の読書も終わらず、今年は6万5千ページくらい。それでも去年より2万ページ近く多い。来年は英語の勉強を主にやるのと、執筆のほうもがんばりたいので、ずっと少なくなるだろう。

December 30, 2004

忘年会

学さんが、どん底にマグロを届けるから飲みに来いと言ってくれたので、行く。ダーも誘ったのだが、そういう付き合いが嫌いなので、行かないという。自分の会社の人と飲むときには、「頼むから来てくれよ」と言うくせに。

そのかわり、ダーは築地の三宅さんのところに、タラバとエビと数の子を買いに行った。その後またヨドバシに換気扇のフィルターを取りに行き、PC部屋のテレビまで買ってきた。新しいテレビがよほど嬉しいらしい。そんなこんなで、8時近くに店に行ったところ、学さん、しぶがきさん、祐平などがいて、また遅いと言われてしまった。

それでも、まだまだ食べ物は大量にあって、バイキングで食べ放題状態。さんざん食べてお腹がいっぱいになっても、1000円行かなかった。しぶがきさんもマスクメロンを持参。半分に切ったメロンにブランデーを入れて回し飲み。おええ~。

2、3階も無礼講状態で、上野広小路ボブが大酔っ払いになっていた。ていうか、みんな酔っ払い。

閉店後、文学部5年の上村君の卒論終了祝いをしに、銅羅へ。宮下、純ちゃんと4人で朝まで飲む。今日はいきなりブランデーから入ったせいか、いい加減気持ち悪かった。今年はこれで飲み納め。

そういえば、しぶがきさんにサインをしてくれるように頼んでおいたんだけど、家でじっくり書いてくると言って持って帰った。4日に持ってくると言ってたけど、4日には行けないよ、たぶん。サインの練習なんかしなくていいのに。ぶぶぶ!

December 29, 2004

ひええ~!雪だ。
今日はダーがゴルフに行く予定だったんだけど、天気が悪そうなので中止。そうしたら、マジで天気が悪くなった。しかも雪ですと!ダーがゴルフに行くときって、絶対晴れるからなあ。逆の意味ですごいと思う。

すごく寒くなったので、暖房もフル稼働したいのに、またまたダーの大掃除病が始まり、暖房を止めて大掃除。台所周りはダーがやってくれるのでいいんだけど、私のいる場所がない。PC部屋で作業してもいいんだけど、なんとなくうしろめたいので、開いてはみるものの、作業をするまでには至らず、周辺を掃除したりして、お茶を濁していた。はああ~、掃除してくれるのはいいんだけど、何もこんな日にやらなくてもねえ・・・と思う私がぐうたらなのか。

December 28, 2004

年賀状

予定していた本が読み終わらない。というか、Amazonのクリスマス本の配送が遅すぎ。クリスマス直前とか、過ぎてから届いても、読めるわけないじゃん!

で、今年の年賀状はどうする?って話だけど、またネットで頼んじゃおうかと。今年はプリンタを新しくしたので、それで作ってもいいんだけど、はがきや切手を買いに行ったり、住所を書いたりするのが面倒。ネットの付き合いしかない人でも、年賀状を送ってくる人もいて、メールですまそうと思っているのに、ありがた迷惑。

ある年齢になると、手書きでなくちゃ心がこもっていないとかって言うけど、手書きだからって心がこもっているとは思えないけどなあ。普段全然つきあいがないのに、年賀状だけって、もうやめようよ。ぐうたら主婦の私は、年末年始の地獄の忙しさ+年賀状なんて、もう冗談じゃないって感じ。いい加減うんざり。

December 27, 2004

ター坊の誕生日

今日は全然飲みに行く予定はなかったんだけど、ダーが飲んでくるというので、結局私も飲みにいくことに。となれば、今日はター坊の誕生日だし、手ぶらってわけにもいかない。でも約束したわけじゃないし、本人が来るのかどうかもわからないので、先日歌舞伎町の信濃屋で買ったオールド・カナダのボトルを持って行くことにした。ター坊が来なければ、自分のボトルとして入れておけばいい。

などと思って行ったところ、店に入るなり「遅いよ~!」と言われてしまった。なこと言われても、そもそもは来る予定じゃなかったんだし・・・。というわけで、シャンペンの残りとケーキを食べてお祝いする。その後、土鈴に移動して、カラオケして遊んだあと、ター坊に送ってもらって帰る。

嫌いなお客が、私にあんまり「太った、太った」と言うので、見かねたター坊が「痩せたよなあ」と言ってくれたのが嬉しかったざます。いつもは意地悪なのに、結構優しいところもあるんだよ。それにしてもあのお客、自分の奥さんはスマートだと思ってるかもしれないけど、人の女房のことまであれこれ言うことないんじゃないの。悪いけど、私は幸せ太りなのよ。苦労知らずなの。

てか、女性に太った、痩せたなんてのは、しつこく言うもんじゃないって。病気ってこともあるんだから、みだりに口にすることじゃない。全く失礼なやつだ。ター坊とかは普段意地悪だけど、そういうことは絶対言わないから、その点では紳士かも。とりあえず誕生日なので、褒めておいてやろう。

December 26, 2004

大掃除?

昨日、買い物で疲れたし、映画の後もよく眠れなかったしで、今日はうだうだしていたかったのに、ダーがまた恒例の「年末お掃除したがり病」ではりきり出し、なんともうっとうしかった。夕方までだらだらしてたから、今日はやらないんだろうと思っていたら、急にやりだして、参った。

そりゃ、大掃除してくれるのはとても有難いんだけど、時間とかこちらの都合とか、いろいろ考えて欲しいわけで、自分が思いついた時に勝手にやらないで欲しいって感じ。しょうがないので、私は買い物に行ったり、昨日買ったクイックルワイパーで天井や壁をこすったりと、普段使わない筋肉まで使ったので、体中が痛くなってきた。

それはそうと、メインの日記がだいぶたまってしまい、もういい加減に埋めないと、どうしようもないって感じなんだけど、なにしろそんな風なので、引きこもってPCを開いていたりはできないのだ。休みが続くと、マジで困る。PC作業や読書のまとまった時間がとれなくて、全然予定が狂う。この先、またお正月休みがあるし、年末年始はほんとに困る。今日は、徹夜してでも日記や感想文を仕上げなきゃ!ここでやっておかないと、年越ししてしまいそう。

December 25, 2004

「エイリアンVSプレデター」

ダーとクリスマスのチキンとケーキを買いに行く。ついでにヨドバシに寄って、電動ハブラシと双眼鏡も買う。チキンはいつもの中村屋だが、珍しくケーキは三越で買おうと思ったら、改装後、食品売り場が変わったのを知らなくて、ケーキの影も形もない。しょうがないので、裏のカフェのケーキを買う。

喉が渇いたので、ダブリナーズにビールを飲みに行ったのだが、もう今日はこれでいいかってことになって、クリスマスディナーは明日に持ち越し。ダブリナーズもクリスマスバージョンでバンドが入っていたんだけど、下手なフッカーとかいうブルースバンドで、興ざめした。

それから映画でも見ようかということになり、オールナイトの劇場を探したところ、「エイリアンVSプレデター」と「ハウルの動く城」しかやってなかったので、当然「エイリアンVSプレデター」を見ることになった。次回の上映開始時間まで間があったので、一度家に荷物を置きに帰る。途中、信濃屋でお酒などを買い込む。今日、ママからビール券が送られてきたので、助かった。

映画は、ストーリーの穴はいっぱいあるんだけど、なんたってエイリアンとプレデターだもんね。そりゃどっちが強いのか?という単純な好奇心で、興味津々で見てしまった。面白かった。わはは!

帰りに伊勢丹横にできた新しいラーメン屋に入ったところ、なんと199円だった。開店記念価格だったらしい。ラッキー!と思ったが、歳末助け合い運動みたいで、なんだか寂しくなった。

December 24, 2004

クリスマスイブ





..:::☆::..☆::...★・*・..☆。..*・・゚'★*・・。..★。..:*・"'★*

Merry Christmas★
I Wish Your Happiness !


..:::☆::..☆::...★・*・..☆。..*・・゚'★*・・。..★。..:*・"'★*


今年もサンタクロースを追跡したい方は、こちらをどうぞ!
http://www.noradsanta.org/



今月は25日が土曜日なので、明日チキンとケーキを買って、クリスマスをやる予定。でも、やっぱりイブだから、夕食はどうしようかなと考えた結果、シチューにした。我ながら上出来。

まだ腹痛なので、昼間はだらだらしてたというか、うっかりナンプレにはまってしまい、本を読むのも忘れて、布団の中で没頭していた。まずい~!パズルをやるのは頭の体操でいいと思うんだけど、はまりすぎるんだよね。

ところで、ダーがお給料と一緒に、クリスマスプレゼントの代わりといっておこずかいをくれた。わーい!
これで、「ロード・オブ・ザ・リング・スペシャル・エクステンデッド・エディション・トリロジーBOX」(これを書くのも大変!)を買うのだ!

テレビでピンクレディをやっていて、ついつい観てしまったんだけど、大人になったピンクレディのほうがエロくて素敵。歌も踊りも上手くなってるし、メリハリついていい感じ。なんて、余計なことしているから、全然読書が予定通りに進まない。クリスマスだし、今日中に『クリスマス・カロル』を読み終えるぞ!

December 23, 2004

「ごち」プレオープン

今日は、土岐さんの店「ごち」がプレオープンらしい。でも、別に案内ももらってないから、行かなかった。今日行くと、何がしか包まないといけないだろうし、給料日前だから、そんなお金もないし。明日が本ちゃんのオープンらしいけど、別に何も言われてないんだから、早々に行く必要もない。それに、正確には土岐さんの店じゃなくて、竹書房の一平さんがオーナーなんだし。

で、昨日お月様がやってきたので、今日は飲み疲れと腹痛で一日休養。ずっと寝ていたので、読書もさっぱり進まない。お昼は、昨日の帰りにサンドイッチを買ってきておいたが、夕食はご飯を炊いておにぎりにした。こんな時でもご飯を作らなくてはならないって、主婦ってほんとに嫌。会社に行くのはもっと嫌だけど。

December 22, 2004

今日も飲み会

今日もダーが忘年会で遅いので、私も飲みに行く。本当は昨日は飲まないはずだったんだけど、外に出て緊張すると、やっぱり帰りに一杯やりたくなるんだよね。とりあえず、クリスマスの本『Room At The Inn』を読了してから出かけた。

どん底はものすごく混雑していたが、ちょうど空きができて座れた。水曜日なので、また田中さんに会う。田中さんは悪い人じゃないんだけど、ぴったりくっついて喋るから、つばも飛んでくるし、すごく嫌なんだよね。離れて座れればいいんだけど。今まで誰もそういうこと言ってないのかな?だからエロおやじと勘違いされて、女の子から嫌われるんだよ。田中さんが話すときは、なるべくお酒のグラスを持って、飲むふりをする。そんなことやってるから、変に疲れる。しぶがきさんでも来れば、話のテンポがあがって面白いんだけどなあ。

田中さんが帰ってほっとしたあと、変なおやじ二人組が来て、むかついたところへ、カルロスさんが来た。いい加減おじさんにはうんざりだったので、二階に移動。ここにもまた一人おじさん。ま、しょうがない。そんなこんなしているうちに、閉店時間になったので、それ以降はどこにも寄らずに帰る。純ちゃんにクリスマスプレゼントとして絵本をあげた。

そうそう、しぶがきさんにサインしてもらうため、本を預けてきた。

December 21, 2004

授業打ち上げ

お昼12時から、早稲田のリーガロイヤルで授業の打ち上げ。打ち上げでランチなんて、なんか拍子抜けだなあ・・・と思いつつも、生徒が3人しか出席しないので、出ないわけにはいかない。お酒を飲むわけじゃないし、長くても2時間程度だろうと思っていたら、3時間近くかかった。

車で行ったら、穴八幡でお札か何かを配っていたらしく、道が通行止めになっていて、迂回しなくてはならず、結局明治通りに出て(オリンピックのところ)から早稲田へ。料金倍ですよ!タクシーの運転手さん、「そういえば、通行止めだって言ってたな」なんて後から言うし、早く言ってよ!むかつくわー!早稲田まで3000円だなんて、冗談じゃないってのよ。

で、リーガロイヤルの食事は、嘘でしょ!ってくらいにクソ(失礼!)まずかった。豚肉にかかっていためちゃ甘いソースに、アメリカのカーメルのレストランを思い出してしまった。アメリカ人なら「舌が繊細じゃないからね」と諦められるからまだしも、日本人でよくもこんなまずいものが出せるなって感じ。アンビリーバブルだ!

皆と別れてから、大急ぎで日本橋の高島屋まで行き、千代ちゃんの個展を見る。前2回欠席なので、今回はどうしても見ておかないとまずいだろうと。30分ほどで閉店になったので(最終日だったため)、気まずい会話も早々に終わらせて、無事退散。だって、いくら中学時代の友達だからって、多くても年に1回、個展のときにしか会わないんだもの、何も話すことなんかないし。もっと頻繁に会っていれば、それなりの対処の仕方もあるだろうけど。

とりあえず義理は果たしたので、ほっとして新宿に戻り、どん底へ。ずっとタバコが吸えなかったので、ニコチンの禁断症状。ビールを飲むより先にタバコって感じ。今日はちょっと飲んだら帰ろうと思っていたところ、ダーから電話があって、飲んでくるというので、11時頃までいる。せっかく夕飯にうなぎを買ったのに。。。わたしはうなぎは食べられないので、無駄になってしまった。

December 20, 2004

また絵本

Amazonからクリスマス本が届いたのはいいけど、また絵本。昨日、読み物がやっと1冊届いたけど、何冊かあって、その中から好きなのを選ぶってのがいいのに、全然届かない。

で、Amazonのアカウントには、おとといから「まもなく発送します」となっているのに、全然発送する様子なし。発送しないなら、「まもなく・・・」ってのやめてくんないかな。変更もできやしない。ひどい!

今日は、ダーが忘年会だったので、私も飲みにいきたい気分だったけど、明日授業の打ち上げがあるので(しかも正午から!)、やめておいた。あまり親しくない人と、ご飯を食べるっていうのは、なんかエロくて嫌だ。お酒を飲んだほうがまだまし。生徒の一人は、「もし晴れだったら洗濯があるから出ない」とかって、わけのわからないこと言ってるし、あんまり出席したくない催し。

藤枝るみねの『天体の孤独』を読了。なんか不思議な感じの本だったので、ブックオフで100円で買っておいたんだけど、SFの設定ながら、実はホモ系の話だった。(^^;

でも、全く期待していなかった割には、よしもとばななとか、その辺のいまどきの女性作家なんかよりもずっと面白かった。言ってることもまともだし、文章もしっかりしている。昨日読んだ川上弘美なんかに比べたら、全然読みやすい。いまどきの女性作家って、どうでもいい表現に凝ろうとして(?)くどくなってるし、読んでいてすんなり入ってこない。

ていうか、そもそも私は現代の日本文学にはあまり興味がないから、女性も男性も関係なく、やっぱり気にいらないんだと思うけど。その点、今日読んだ藤枝るみねは、エンターテインメントとしてはまともだったな。ネットなんかに溢れている萌え系のマンガが表紙に使われているってところで、そっち系だと気づくべきだったけど、逆に気づかなかったから、面白いものが読めたともいえる。怪我の巧妙。

あ~、明日は憂鬱。
午前中に出かけなくてはならないというのも、憂鬱の種。

December 19, 2004

やっと1冊

Amazonから、クリスマス本(読み物)がやっと1冊届いた(&DVD「夜の大捜査線」)。この後、どんどん届くのだろうけど、クリスマスまでに読み終えることのできる本がどれだけあるっていうんだろ。

で、ずいぶん前に発送されたDVDも一緒に届いたが、今日届いたのはどちらも佐川。なんか荷物がまとまるまで、配達しないって感じ。むかつくわ、マジで!いくらAmazonで24時間以内に発送したって、佐川で止めていたんじゃ、話にならない。24時間以内だから・・・と頼むものだってあるのに。最近Amazonも、24時間以内に発送といいながら、24時間以内に発送してくれないものもあるけど。

弟のところから、クリスマスプレゼントが届いたとメールあり。

なんだか、お腹も痛い、歯も痛いで、やな感じ。そろそろ体調不良時期なので、あちこち不良。気分も不良。今月は旅行に行ったし、給料日前でお金がないというのに、何も考えずに買い物してくるダーにもむかついた。火曜日は授業の打ち上げがあるんだけど、わざわざそのために早稲田まで行くのが面倒。体調不良時期になったら、さらに面倒。なんか気分悪いから、今日は早く寝よう!

December 18, 2004

Amazonから4冊

Amazonから本が4冊届いたが、ずっと楽しみに待っているクリスマス本(読み物)ではなかった。何より早く届けて欲しいクリスマス本なのに、一向に届かない。もうすぐ発送されますとあるのに、まるで発送の気配がないし。それに、今回の発送分と一緒に発送されたDVDは、佐川なのでまだ届かない。マジでイライラ。

クリスマス本が届かないのでイライラしているため、気楽に読めるものと思って、ハーラン・コーベンの<マイロン・ボライターシリーズ>の1作目を読み始めたんだけど、面白くな~い!探偵ものだから、しゃれた会話なんかも着たいしてしまうのだが、ジョークなんかも全然笑えない。コーベンて、意外とバカかも?ジョークの冴えない作家って、頭悪いと思うもの。あー、マキャモンでも読んじゃうかなあ。

夕方、ダーが会社関係のお葬式で府中まで出かけた。夕飯はいらないのかと思ったら、すぐに帰ってくると言って、ほんとにすぐに帰ってきた。食べるにしても、もっと遅いのかと思ったから、何も用意してなくて、しょうがないので、というかこれ幸いと、中華のデリバリーにした。

いつものところを思って頼んだんだけど、同じチェーン(チャイナクイック)の別の店だったみたい。いつもは明治通りの店だが、今日のはチラシを再度見たところ、四谷店だった。コックが超不器用な人みたいで、野菜や肉の切り方もひどいし、味付けも良くない。私が作ったほうが、数倍おいしいと思えるようなものだった。あれでよくチェーンの本部から許可が下りたなという感じ。四谷はもう絶対に頼まないぞ!

夜、ママにTEL。ママからは昨日、クリスマス・プレゼントが届いたと電話があったのだが、同じ日に送った弟のところからは、何も言ってこない。送ったほうは届いたかどうか心配してるんだから、ちゃんと報告して欲しいものだ。いくら忙しいと言ったって、届いたという電話やメールのひとつくらい、何分もかかるものでもないだろうに。

December 17, 2004

クリスマスには・・・

昨夜からの木枯らしで、家から見える唯一の木の葉っぱが全部散ってしまった。その木を見て風の様子を計り、着るものとかを決めていたのに、目安がなくなってしまった。今年に限ったことじゃない。毎年冬はそうなんだけど。。。

ダーが、クリスマスプレゼントは何がいいかと聞いてきた。ええ!なんで?って感じ。今までもらってたっけ?もらっていたのにすっかり忘れているとしたら、私も相当罪な人間だけど、もらってないと思うぞ。たまにもらうことはあっても、毎年ではない。何か、悪いことでもしたのかな?(--;

一応、くれるというものはもらっておくに越したことはないので、「ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッドエディション トリロジーBOX」(書くのも大変!)が欲しいとは言っておいたんだけど、発売は2月だし、クリスマスプレゼントにならないか。

ところで今日は、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のDVDが届いた。今日発売なので、今日のうちに届けば文句はないんだけど、Amazonでは14日に発送手続きをしているのに、3日もかかっている。佐川は遅いから嫌だってば!ペリカンかクロネコにしてよ、頼むから。ダーの会社でも、都内に出した佐川のメール便が、大阪に行ってしまったと言っていた。ひどい話。私なんかは仕事じゃないからまだいいけど、会社の仕事で使う場合は、ほんとに困るだろう。

ちなみに、Amazonも24時間以内に発送するという商品を、24時間以上たっているのに全然発送してくれない。オーダーと同時に「以下の商品の発送作業は始まっています。お届け先やご請求先の変更はできません」となって、キャンセルも変更もできなくなってたのに、全然発送する様子がないのはなぜ?発送しないなら、変更はできませんなんて出さないでよって感じ。こんなAmazonと、対応の悪い佐川が組んでしまったら、利用者はいい加減マジ切れ状態。

それと、エキサイトにもさらにむかついている。ある記事を勝手に非表示設定にした。ほかの記事と比べて、その記事が特別なものってわけじゃない。どう考えたって、納得できない。その記事につけたエキサイトのコメントが的外れで恥ずかしいので、消したかったんじゃないかと疑っている。にしても、こちらも規約に従うよう時間のないところを一生懸命対応しているのに、勝手に非表示にするとは何事だ!できればエキサイトなんか使いたくないが、この間徹夜で移行作業をしたばかりだし、他に移している暇もないので、我慢している。ていうか、エキサイトの人って、「超」暇なんだな。暇ならちゃんと内容見なさいよ。

December 16, 2004

シュワちゃんか?カーンか?

Amazonからメール便が届いたので、てっきり明日発売の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のDVDかと思ったら、しぶがきさんのデビュー作『我が罪』だった。早速読み始める。

最近、Amazonのメール便は佐川に変更になった。マーケットプレイスなどでも佐川を使っているところが多く、前々から佐川は遅くて嫌だと思っていたので、非常にがっかりしている。クロネコやペリカンなら即日届くのに、佐川は遅い。普通は発送のメールが来れば、どんなに遅くても翌日には届くが、佐川の場合は、明日届くのか、あさってなのか、はたまた3日かかるのかと、待っているのもイライラする。またペリカンに戻して欲しい。

夜、サッカーの「日本×ドイツ」の試合をテレビでやっていた。私はサッカーには全く興味がないんだけど、ドイツのオリバー・カーンだけは観たい。カーンの写真集を買ったくらいだから。ところが、裏番組でシュワちゃんの「ターミネーター」をやっていた。二大猿顔スターの激突だ。テレ東は、ドイツ戦の裏に、わざとシュワちゃんを持ってきたのか?

どっちを観るか迷った挙句、「ターミネーター」はDVDでいつでも観れるし、とサッカーにしたんだけど、日本が攻撃しないと、ゴールキーパーのカーンが映らないのよ。カーン以外はどうでもいいので、退屈した。でも、ドイツが3×0で勝ったので、まあよしとしよう。

December 15, 2004

授業(20)&映画(6)

今日で授業は終わり。映画も終わり。でも、授業の打ち上げで、来週また学校付近まで行かなくてはならない。先生に連絡メールを入れたら、丁寧に返信してくれて、楽しみにしていますとあったので、行かないわけにはいかないしなあ。。。

昨日は結局飲みに行ってしまい、どん底閉店後、八木橋君とメキシコ料理のロシータに行った。かなり気持ち悪かったんだけど、ロシータの人がサービスですといって料理を出してくれたので、食べないわけにもいかず・・・。それでも全部は食べ切れなかったので、おみやげにして八木橋君に持って帰ってもらった。帰りは、八木橋君のバイク便で送ってもらう。

今日も飲む予定になっていたので、昨日クエン酸を飲んでおいたにも関わらず、今朝は二日酔い。でも、最後だから絶対行かないといけないし、お風呂に入ったりしてなんとかお酒を抜こうとしたんだけど、明け方近くまでテキーラなんかを飲んでいたので、全然抜けず。結構しんどい1日になってしまった。

映画はシドニー・ポワチエの「夜の大捜査線」。1967年の映画だけど、シドニー・ポワチエがかっこよかった。何の疑問も抱かずに映画に見とれるというのはなかなかないので、今日の映画は、そうした数少ない映画のひとつだったなと思う。警察署長役のロッド・スタイガーも、ジョン・アーヴィングみたいで好み。彼は、これでアカデミー主演男優賞受賞。

今日は村田先生の担当の日で、青山先生は来ていなかったが、立原さんが今回初めて出席したので、帰りに小松さん、高橋さん、成澤さんたちと一緒に飲みに行く。いつもの居酒屋。学さんが映画に来る予定だったのに、来なかった。昨日、確認していたのに。文学部5年の上村君も、卒論が終わったら来るといっていたのだが、メールしたときには、まだ終わっていなかったみたい。その後、ゴールデン街に行くなら合流しますと言ってきたが、電話しても出なかったので(疲れて寝ていたらしい)、結局土田君のところには行かずじまい。

どん底で飲んでから、学さん、宮下君、純ちゃんの4人で、LOOSEに行く。二日連チャンで気持ち悪い。

December 14, 2004

遊びに行きたいけど

今日はダーが飲み会。やっほー!
じゃ、私も・・・と思っているんだけど、明日は学校だし(てことは明日も飲む)、最後だから絶対休むわけにはいかないし、何と言っても出かける用意をするのが面倒。なんてことを言ってると、まじでデブ症になってしまいそう。

ていうか、伊勢丹に来年の手帳(赤の革張り)を買いに行きたいなと思っていたんだけど、PCを開いたら、だんだん根が生えてきてしまった。どうしよう・・・。ちょっとだけって、なことできるわけがないってのが私の欠点。

Amazonから、昨日注文したユードラ・ウェルティの短編集が届いた。これは私が買ったときより700円くらい安くなっていて、立原さんと小松さんに頼まれたものだ。私も買ったはいいけど、全然開きもせず、箱にしまいこんである。

今月は読書があまり進んでいない。今年中に7万ページは無理だと思うけど、近いところまでは行きたい。というわけで、クリスマスものとかにこだわらず、サクサク読めてしまうエンタメ系を消化しようかななどと考えている。来年はアメリカ文学に集中する予定なんだけど。どうなることやら。

クリスマスプレゼント

弟からクリスマスプレゼントが届いた。
いつも「お酒」です。
私の好みをよく知っております。(^_^;

クリスマス・ボックス


        
★ X'mas BOX ★
期間限定
 
 

December 13, 2004

クリスマスの絵本

Amazonから、クリスマスの絵本が届いた。

『Jingle Bells (Little Books)』/Armand Eisen (著), Andrews & McMeel (著) ¥534
ハードカバー: 40 p ; 出版社: Andrews Mcmeel Pub (J) ; ISBN: 0836200187 ; Pop-Up 版 (1995/10/01)

『The Nutcracker: With 25 Jewel Stickers! (Jewel Sticker Stories)』/Schuyler Bull (著), Jerry Smath (著), Schyyler Bull (著) ¥525
ペーパーバック: 24 p ; 出版社: Grosset & Dunlap ; ISBN: 0448418525 ; Bk&Acces 版 (1998/09/01)


詳しいことは、メインの日記のほうに書いてあるけど、2冊とも結構ビックリものの絵本。洋書の絵本の場合、Amazonにはサイズも書いてないし、ページ数もいい加減だから、届いてみるまで全然わからない。毎年絵本にはビックリさせられている。それがまたクリスマス・サプライズって感じで楽しいといえば楽しいんだけど。

今日は、またエキサイトから文句が来た。エキサイトで作っているブログは、読了した本と、「自分が」購入した本の記録用にしているのだが、それでも本のリンクは個人の利益になるとかで、規約違反だと言う。たしかにその前に作っていたブログは、本の紹介ってことだから、利益に繋がると誤解されても仕方がないかなとは思って(とはいえ、ただの一人もそこから本を買った人なんかいないっての!)、クソ忙しい中を必死で移転させ、また新しく作り直したのに、文字のリンクさえダメだっていうんだから、エキサイトはドケチだ。

ていうか、ブログの内容、ちゃんと見てないでしょう。Amazonにリンクしてるっていうだけで、商売してる!と勝手に思い込んでるんだよ。しょうがないからリンクは外したけど、リンクしててもしてなくても、誰一人として、あんなところから本を買う人なんかいないのよ。逆に、万一それで儲かってるとかっていうなら、私としても嬉しい限りだよ。喜んでエキサイトから撤退させていただきますっての。むかつくので、エキサイトは使いたくはないけど、この間の作業も大変だったし、またそれをやるかと思うとうんざりなので、しばらくはこのまま。てか、そんな暇はない!逆に、エキサイトの人って「超」暇こいてるんだな。

ところで、Amazonのバーゲンでユードラ・ウェルティの短編集が28%OFFだったので、立原さんに電話したところ、立原さんも小松さんも欲しいとのこと。早速注文したら、すぐに在庫切れ。でも、あの表示は絶版て感じもしないでもない。ぎりぎりセーフって感じ。もう発送はされてるようだから、明日にでも届くと思うので、水曜日の映画のときに渡す予定。夕方、生協で買い物をしているときに、渡辺さんから電話あり。皆、今週の水曜日は出席するみたいだ。

December 12, 2004

暗い一日

今日はダーがゴルフだったので、安眠を邪魔しないように明け方までPC部屋で起きていて、出かけてから寝た。その時も暗かったが、昼間目が覚めた時も暗かったので、丸一日寝てしまったかとびっくり。でも、ずっと暗い一日だったようだ。太陽がパワーの源である私にとって、こういう暗い日は、どうも元気が出ない。

でも、生活が不規則になっても、全然動かなくても、ちゃんと朝、昼、晩とご飯を食べてるから、どんどん太る一方。それに、だんだん寒くなってきているし、このままじゃやばいでしょう。また胃が大きくなってきて、すぐにお腹が空く。お腹が空くと、我慢できなくなってる。まずい!

今日のうちに、ダニエル・スティールのくだらないバカップルの話が書かれた本を読み終わると思うんだけど、今時こんな馬鹿な男と女がいるのかね?とあきれてしまう。好きな気持ちは理屈では割り切れないにしても、あまりにもお馬鹿すぎる。それに、状況設定も変すぎる。あんまりくだらないので、途中でやめようかとも思ったんだけど、結末はどうなるのかな?などと、一応はワイドショー的な興味もあるので、やめずに読んでいる。頭が馬鹿になっちゃうよぅ~。

でも、この本は、スティールの第一作目。だから幼稚でも仕方がないか(今でもスティールの本は人間的に幼稚な人々が出てくるのだが)とは思うものの、こんな話で本を出版できてしまうなんて・・・アメリカって、やっぱり大雑把というか、上から下まで人間の層が広いんだなという感じ。

今週で学校も終わりなので、なんとなく気が抜ける感じ。何かしなくちゃと思うし、勉強も本格的にやらないと(学校はほんかくてきじゃなかったのか?)と思うんだけど、なかなか手がつけられない。勉強もしっかりしたい、本もたくさん読みたいで、どっちつかずの気持ち。

しぶがきさんの本

我が罪/宗方 慶司 (著)
価格: ¥1,155 (税込)
単行本: 87 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 文芸社 ; ISBN: 4835510089 ; (2001/03)
内容(「MARC」データベースより)
受け取ったことすら忘れていた自殺をほのめかす彼からの手紙。手紙を受け取った3日後、彼は事故死した。10年の年を経てのしかかる罪の意識。無意識とはもっとも重い罪であるのか…。罪からはじまる4部作第1弾。

十字架のある風景/宗方 慶司 (著)
価格: ¥1,470 (税込)
単行本: 251 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 文芸社 ; ISBN: 4835579305 ; (2004/08)

※今日、Amazonに2冊ともオーダーした。そろそろ買っとかないとまずいだろと思って。日本文学を読むなんて、ましてや自分で買うなんてのは、めったにないことだけど、これもおつきあいのうち。

December 11, 2004

衝動買い

今日は病院の日。あの病院にしては結構混んでいて、思わぬ時間をくってしまった。それに、来月は担当の先生がいつ来れるかわからないと言う。また他の先生に代わるのは嫌だよぅ!

で、血液検査も「うっかりして、ご飯食べてきちゃいました」と言って、パス。年末に余計なことしないで欲しいよね。薬局では、またしても薬が一種類足らず、あとで取りに来いと言うので、来れるかどうかわからないので、送ってくれと言っておいた。毎回出してもらってる薬なのに、なんで置いておかないんだろ。

病院を出てから、伊勢丹で靴のバーゲンをやっていたので、ちょっと覗いてみたんだけど、つい2足も衝動買いしてしまった。歩きやすい靴ていうと、やっぱりNew Balanceでしょってわけで、茶色のウォーキングシューズを買った。それと、ベージュのつま先がとがったサンダルっていうか、ミュールっていうか、ウェスタンブーツのつま先だけみたいなやつ。よくよく考えると、今買わなくてもよかったかな、タカシマヤで買えば、ポイントがもっとついたのにな、などとぐちぐち考えながら帰ってきた。

それから、家の近くのリサイクルショップで、ムートンのハーフコートを試着。前からいいなと思っていたこげ茶のやつは、ちょっと大きすぎてダメ。今日、表に出てたやつは、羽織った感じはちょうどいいんだけど、ボタンをしめるときつい。どっちか欲しいと思っていたのに、ダメじゃん!がっくり。

ダー実家へ。実家でもらってきた缶チューハイを飲んでいたみたいで、夕方早くもお腹が空いたというので、近くのステーキハウスへ。そこでは、私はいつもハンバーグ。今日はダーもハンバーグ。ジャンボハンバーグを頼んだから、きっと食べきれないから少しやるよと言ったのに、ペロリと食べていた。あそこで食べると、その時はお腹がいっぱいになるんだけど、なぜかすぐに空腹を感じる。なぜだ?

まだ時間も早かったので、帰りに生協に寄って買い物。最近、卵が高い。なんか鳥インフルエンザ関連で、規制してるってことらしいけど、これってニュースでもやらないでしょ。なぜだ?

家に帰ってきたら、ビデオに録画しようと思っていた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のスペシャル・エクステンデッド・エディションが始まってしまっていた。ああ、大変!と慌ててみたけど、そういやAmazonにスペシャル・エクステンデッド・エディションのトリロジー・ボックスを予約してあるんだから、録画しなくたっていいんだっけと思い出した。ダーが、「なんでそんなもの買うんだよ、意味ないだろう」と言うんだけど、だって欲しいんだもの。でも、あんまりそう言われると、そうかなとも思ったり・・・。

so-netでブログをやってることを知ったので、会員でもあることだし、ブログマニアとしてもとりあえず作ってみなきゃと、早速作成。「気になるこの1冊」のSweetBoxのサーバーが年中落ちるし、復帰したと思うとデータがおかしくなっていたりするので、それをso-netに移行しようと考えたはいいが、なんと、タグが使えない。カウンターもつけられない。それじゃ「気になるこの1冊」は無理だし、メインの日記なんかも話しにならんてわけで、全然違う内容にしたんだけど、果たしてちゃんと更新できるだろうか。でも、タグが使えないってのは、so-netにしちゃちょっとねー。

December 10, 2004

クリスマスの本

「気になるこの1冊」で、クリスマス本をピックアップしていたはいいけど、どんどん欲しくなってしまい、何冊かオーダーしてしまった。ロマンスもので、表紙にカウボーイが載っているというベタな本とかも頼んだ。(^^;

とはいえ、ずっと前からAmazonに頼んでいるクリスマス本が、全然届かない。何をやってるんだろうなあ。出版社だって、絶版でない限り、クリスマスの時期には取り扱うだろうと思うのに、その中の1冊なんて、去年のクリスマスから頼んでいる。いい加減にしてほしいよ。入手できないならできないで、載せるなって感じ。

夕べ、全然熟睡できなかったので、今日もしっかり昼寝をしてしまった。ゆえに、今夜も眠れないだろう。明日は病院の日で、血液検査をする予定だから、朝ごはんを食べてはいけないんだけど、あそこで血液検査をするってのは、他にすることもないのだが、少しでも儲けたいって時だから、うっかり食べてしまいましたと言って、来月にしよう。だって、病院は儲けたいかもしれないが、普通の家は年末は火の車だからね。余計なものを払う余裕はないのよ。それに、いつの間にか土曜日になっちゃって、めちゃ不便。土日というのは、何をするのでも、なるべく避けたいのに。

バーダマン先生の新書版の『アメリカ南部』を読み始めたのだが、バーダマン先生の文章って、結構読みやすい。ノンフィクションは苦手で、他のものはいつも途中で面倒になってしまうんだけど、バーダマン先生の本は、実にすらすらと進んでいく。もちろん先生は英語で書いていて、森本先生という同じく早稲田の教授が翻訳しているんだけど、その翻訳も上手いってことなんだろう。でも、原文がしっかりしていなければ、翻訳で読みやすくすることも難しいだろうから、やはり原文も読みやすい文章なんだと思う。

December 09, 2004

脳が溶けてる

昨日、かなり気持ちが悪かったので、今日はクエン酸を飲んでおいたにも関わらず、二日酔いだった。脳が溶けてる感じ。というわけで、昼間、全然起きられなかった。

そういえば上野広小路ボブが、バーテンダー協会のパーティに来てくれればよかったのに、と言っていたのを思い出した。だってちゃんと招待状もらってないし、会費も1万円でしょ。なんたって、その日はラグビーの早明戦だったしね。

やっと起きたはいいけど、タバコがないのに気づいた。ていうか、夕べ早稲田にいる時点で気づいていたんだけど、すでに11時を過ぎていたから、自動販売機でも買えないし、コンビニには私のタバコは売ってないしで、とりあえず新宿まで来ちゃったんだけど、11時過ぎてしまうと、新宿でも売っていない。とりあえず夕べの時点では何本か残っていたのでよかったのだが、今日になってすっかりなくなっていたので、がっかりだった。

仕方がないので、お風呂に入ってアルコールを抜いて、夕食の買い物がてらタバコを買いに行く。今日の夕食はカレー。テレビで観たんだけど、辛いカレーで汗をかいても、痩せないらしい。な~んだ!カレーでダイエットっていうのは、嘘だったのか。

ダーが買ってきたウィスキーのおまけについていた、よしもとばななの本「アーティチョーク」を読む。なんかくだらないなあ。やっぱり現代の日本の小説ってダメだ。世界的に通用しないよ。全然面白くない。このおまけシリーズは、全部128ページと決まっているらしく、ページを埋めるために、不要なことをダラダラ書いている感じが否めない。やはりこのシリーズで、前に読んだ乃南アサも面白くなかった。これを集めて、あとで1冊の単行本にするらしいんだけど、全く買う気がしない。

そういえば、NHKのラジオ講座を聞くのを忘れた。明日、再放送で聞こう。ヴァージニア・ウルフなので、あんまり聞く気もしないんだけど。

December 08, 2004

授業(19)&映画(5)

久々に学校まで歩いた。授業後、私と南川さんしかいなくなってから、先生が「打ち上げでお茶でも・・・」なんてことを言い出した。みんながいるうちにはっきり言ってくれればいいのに。。。ていうか、授業の打ち上げとかって、先生の飲み代を大学側が出してくれるから、この時期、先生にとっては大いにただ酒が飲める季節。これを見逃す手はない。普段はお茶すらしない先生なのに。だったらお茶じゃなくてお酒でしょ、やっぱり。で、南川さんとお茶しながら、どうしようかって話をしていたんだけど、一体何人出席するのやらって感じ。授業そのものに、3、4人しか出ていないんだもの。

今日の映画は青山先生の担当で、「Say Amen, Somebody」(邦題「マザー」)だった。ゴスペルのドキュメンタリーで、ゴスペルの父のようなトーマス・ドーシーが、土岐さんに似ていたので、笑えた。土岐さんが70歳くらいになったら、あんな感じだろうな。帰りに10人ほどで、青山先生を囲んで飲む。帰ろうかなと思ったけど、久々に小松さんにも会ったし、お酒の席は断れない性格なので・・・。(^^;

その後、どん底へ。1階にあっこさんがいたので、こっそり2階に上がって飲んでいた。その帰りにハリソンバーにつかまる。お腹が空いていたので、フィッシュ&チップスなんか食べてしまった。寝る前に油だよ。かなり気持ち悪くなった。うげげ!

家の近くで、外人に「新宿はどっちですか?」と聞かれたので、教えてやったところ、「あなたはマッサージはしないのか?」と言う。バカヤロー!はなからそういうつもりだったんだな!

December 07, 2004

タレントA

明日は学校&映画なので1日PCを開けられないから、今日は「気になるこの1冊」に、クリスマスものの本をたくさんピックアップするつもりでいた。円高で、洋書が安いこの時期に!と思っていたのに、すっかり忘れていた。大ボケ。

クリスマスものは、何万冊もあって、いまだにコレ!という本が見つからないでいるし、早くしないとオーダーしてもクリスマスに間に合わなくなる。なんかやることあったよね・・・と思いながら、よそのサイトとか見ちゃって、時間がどんどん過ぎてしまった。馬鹿!

ところで、最近改名したタレントのAさんて、うちのマンションの1階にあるカラオケスナックのママの娘じゃないかなあ・・・。タレント養成所にいる頃から知っている。あるサイトで話題になっていて、以前からそうじゃないかなと思っていたんだけど、今日、サイトの写真を見て、確信を深めた。よく飲みにきて、夜中にキャーキャー大騒ぎしている子。TOKIOのリーダーとかも来ている。騒音被害で、裁判沙汰にまでなっているから、全然親しくはしていないけど。

『冷血』読了

やっと、やっと、カポーティの『冷血』を読み終えた。これって、先月のブッククラブの課題だったので、とっくの昔に読み終わってないといけなかったのだ。一休みする間もなく、感想をアップして、それでようやく重荷が降りたという感じ。ああ、これで心置きなくクリスマスものが読めるというものだ。

でも、また今月の課題もある。ディケンズの『クリスマス・カロル』だ。これもクリスマスものだけど、「課題」となると嫌になってしまう。毎度自分で決めておきながら、強制されて読むというのは、やはり苦手。言いだしっぺの友だちでさえ、もうとっくの昔にやめているというのに、なんで私が・・・とは思うけれど、いったん公開してしまったものは、そう簡単にはやめられない責任てものがある。毎月辛い思いをしているけど、私が引き受けなければ、誰が?という状況だから、仕方がない。でも、来年からはスタイルを変える。主導権は自分にあるのだから、自分のやりたいようにやらしてもらうつもり。

明日は学校&映画。しばらく会っていない立原さんにメールを出してみたんだけど、レスなし。たぶん明日も欠席だろう。私もなんとなくあまり気が進まないのだが、授業も映画もあと2回なので、がんばって行かなくちゃ。とはいえ、がんばろう!という気持ちが途切れてしまったので、行くのがなかなか容易じゃないのだ。先週は、教育学部6年生の土田君との約束があったので、何が何でもと思ったけど、今週は何もなしだから、余計に気持ちを奮い立たせるのが大変。せめて天気くらいは、いいお天気でありますように。来週は学さん出席の予定。

December 06, 2004

故郷

バーダマン先生の『わが心のディープサウス』を読んだ。さすが南部生まれ!カメラマンも南部生まれなので、写真もすごくいい。二人の故郷を思うノスタルジアに、胸が熱くなったほど。

故郷への思いは、いつだってなんとなく切ない。ダーは東京生まれの東京育ちで、実家もすぐそばだから、そういう心がわからないみたい。「うちに帰る」というのは、私には故郷の実家へ帰ることなのだ。「うち」はここじゃないかと言われるけど、全然違う。今や実家に帰っても落ち着かないけれど、ふと感じる懐かしい空気や光は、生まれた所でしか感じられない、ほとんど涙が出そうになるくらい懐かしいものだ。そういった空気や光も含めて、「うち」であり、故郷なのだ。

そんなことをいろいろ考えていたら、ちょっといいアイデアが浮かんだ。ちゃんと文字にできるといいんだけど。。。そういえば今日、友人である画家の千代ちゃんはどうしているかな、とふと思っていたら、彼女から個展の案内が来た。きっとテレパシーってあるんだな。

December 05, 2004

ラグビー早明戦

今日はラグビー早明戦。明け方まで大雨だったのが嘘のような晴天。昨日の必死の祈りが通じたかしらん?にしても、ちょっと暑すぎ。試合前24度だった気温も、試合中には26度まで上昇。夏日である。9月のオックスフォード戦も暑かったが、もう12月だよ!信じられない暑さだ。昔、「雪の早明戦」があったなんて、嘘みたい。

試合は、49対19で早稲田の勝利。よって、対抗戦は早稲田が優勝。さあ、次はお正月の学生選手権だ!今年は関東学院が法政に負けているので、お互いに順調に行けば、決勝戦は早稲田対法政ってことになる。ずっと関東との試合を観てきたので、去年の屈辱を晴らすという意味では、相手が法政というのはなんだか拍子抜けなんだけど、今年は実際、法政のほうが強い。

試合後、新宿のサブナードのプレイガイドに学生選手権のチケットを買いに行ったところ、長蛇の列。みんな期待してるんだよね。フレー、フレー、早稲田!

その後、天狗でご飯。でも、途中でダーの会社の人がいつも送ってくる淡路島のジャコのことで気まずくなる。淡路島ってのは、私には禁句。何をくだらないこと言ってるんだと言われたが、へええ、そうですか、くだらないことだったんだ、あれは!って感じ。せっかく送ってくれてるのに、文句言うなと言うけど、そのたびに一から十まで思い出して、嫌な思いをしている私の気持ちはどうなる?平穏無事に暮らしているのに、それが送られてくることで、毎回気持ちが乱されるんだから、丁重にお断りしたいというのに。そんなことで生活を壊されたくないと思うのは、私だけなのか。

「あれ」は、どうでもいいくだらないことではない。そのために、パパは命をかけてくれたんだから。私はダーに「命がけで守ってやる」と言ってほしかった。なのに、そう言ってくれたのはパパだった。その時以来、自分の父親以外に誰も守ってくれる人はいないのだと悟った。あの時ダーはパパに負けたのだ。だから、ダーはいつまでたっても、男としてパパを追い越せないのだ。

December 04, 2004

あ、雨が・・・

今週はずっといい天気だった。なのに、夕方から雨が降り始めた。明日はラグビーの「早明戦」を観に行くのに、どうするのよ?週末に天気が崩れると予報で言っていたけど、まさか本当に降ってくるなんて!私って、けして雨女じゃないはずだし、ダーにいたっては強力な晴れ男なのにねえ~。雨の中のラグビーは嫌だなあ。やってるほうはもっと嫌だろうけど。

夕べはエキサイトのブログの移行の件があったので、結局徹夜。今日はお昼に起きたけど、辛かった。昨日のうちにロールキャベツを煮込んでおいてよかった。今回はデミグラスソースで煮込んだ(前回はトマトソース)。ダーはコンソメ味が好きなんだけど、今日のはおいしいと言ってくれた。

にしても、PC部屋で過激なメモ合戦をやっている割に(ゴルフクラブを部屋で振り回すな!という件)、面と向かうと平然としているってのは奇妙。これが夫婦ってもんかな?ていうか、口で言ったとしても、聞く耳もたずなので、言うだけ無駄と諦めているってことかも。

カポーティの『冷血』が、読んでも、読んでも終わらない。これって、カポーティが悪いんじゃないと思う。あの滝口直太郎の翻訳がひどすぎ!いくら昔はこんなものだったと思っても、そうでない翻訳もあるわけだし、カポーティは、短編以外の作品の翻訳には恵まれていないみたい。気の毒になる。

で、クリスマスものを読もうかと用意したんだけど、どうもそんな気にならなくて、ずっと前に買ったダニエル・スティールの第一作目の本を読むことにした。それって、表紙がメタリックな赤で、クリスマスっぽいのだ。時期的な本は、そういう装丁も大事だなと。

あ~あ、明日晴れてくれとまでは言わないけど、雨が止んでくれますように!

December 03, 2004

エキサイトのブログ

「気になるこの1冊」で、エキサイトのブログを使っていたのだけど、Amazonの本の画像を載せていたら、個人の利益になるからダメだと言う。削除しなければ非公開処分にするとかなんとか・・・。たしかにAmazonの画像は、アソシエイトにならないと使えないから、アソシエイトですよということを証明するためにロゴも表示していたんだけど、個人的に気になった本をメモしているだけで、これで儲けようなんてことは全然考えてない。実際、あそこからのリンクを辿って注文している人なんか、一人もいないもんね。

それに、そういったものを削除しなければって、全部本の紹介なんだから、それを削除するってことは、全部削除するってことだよ。エキサイトではアフィリエイトは認めないとかで、融通が利かない。他のブログはAmazonなどのアフィリエイトを奨励しているところまであるというのに。文学サイトのブログの情報なんか、ほとんど本の話に決まっているんだから、そういうリンクができないとなったら、全く役に立たない。ケチなブログだ。エキサイトの携帯用のサイトなんか、システムがてんでボロクソなくせに。

だけど、規約にあるからと言われては、だまって言うことを聞くしかないので、今日1日かかって、他のブログに移行させた。そのために、移行させた先のブログの中身を、また他のブログに引越しし、エキサイトのブログは、リンクを使わないアカウント用のブログを移行させた。なんだかややこしいが、やってる本人が一番わけわかりません状態だ。何日もかけてしまうと、それこそわからなくなるので、一気に引越し作業を終わらせた。引越しだけならいいんだけど、サイトのコンテンツのリンク変更とか、それもまたひと仕事なのだ。

サイトをやっていると、やっと落ち着いたかなと思っていると、またどこかで不具合が生じて、余計な手間がかかる。いつまでたっても落ち着かない。工事中のところもたくさんあるのに、そちらにもずっと手がつけられない状態。いい加減うんざりしてきた。

ダーが部屋でゴルフクラブを振り回し、あちこちにボールをぶつけて物を壊しまくっている。今日は本が入っている箱がぼろぼろになっていたので(しかも大事なコーマック・マッカーシーの本が入っている箱だ!)、いい加減にしろとメモっておいたところ、こんなところに本なんか置いておくなと返事が書いてあった。馬鹿を言うんじゃないっての!狭い部屋の中でクラブを振り回しているほうがいかれてるんだよ!

全く大人気ない。まるで子ども。いや、子どものほうが聞き分けがいいだろう。居間のほうでも振り回しているから、電気のカサも壊したし、電気カーペットもぼろぼろ。文句を言うと、新しいのを買えばだって。誰が買いに行くっていうのよ、けっして軽いものじゃないんだし、そもそもクラブを振り回さなければ、部屋の電気を買わなくてもよかったし、ましてやカーペットだって、引越しするまでは十分持つはずだったのに。マジで馬鹿じゃないの?

December 02, 2004

ジュンパ・ラヒリ

明日、図書館に返却しなければならないので、ジュンパ・ラヒリの『その名にちなんで』を読み終えた。これは胸が痛い小説だ。父親のことが書いてある小説って、何ともたまらないのだ。相変わらずインド色は濃いのだけれど、それがラヒリの特徴だから仕方がない。上手いなあとは思うけど、好きな作家とまでは言えない、ひっかかりがある。

昨夜、かなり遅くなったので、ちょっと二日酔い気味。帰宅してすぐにクエン酸を飲んでおいたので、多少はましなんだろうけど、普段からビタミンCを飲んでいると、よりいいみたい。このところ、ビタミンCを飲んでいないので、クエン酸の効きも悪い。

歯がしみる。虫歯かな?また歯医者に行くのは嫌だなあ。なんとか悪くならないうちに治らないかな。知覚過敏かもしれない。でも、歯が痛いと、鎮痛剤も余計に飲むので、今回は鎮痛剤が足りなくなるかも。

ラヒリを飲み終えたのはいいが、カポーティの『冷血』に戻る気になれない。まだ半分以上もあるのに。今月はすでにもうクリスマス気分で、クリスマスものの本を用意しているから、早くそちらに行きたくて仕方がないのだ。さて、明日までに「ドラゴンランス」の4、5、6巻の感想を書き終えないと!

今日からNHKラジオ講座のテキストが変わった。ヴァージニア・ウルフの『オーランドー』だ。初めての女性講師。やっぱり女性の声は聞きにくい。朗読も女性だが、こちらはまだ英文だからいいけど、講義が女性の声(男性でも女性でも講師はほとんどお年寄りだ)ってのは、どうにも聞きづらい。女性作家だからって、なにも女性の講師にしなくてもよさそうなものだけど。

December 01, 2004

授業(18)&映画(4)

授業も1回休むと、何となく行きづらい。(^^;
特に、あの授業は出席者が少なくて、休むと即座に誰が休んでいるか分かってしまうし、先生は熱心に教えているのに、申し訳ないって気になるので。。。

授業後、教育学部6年生の土田君と暇つぶし。ていうか、ご飯をごちそうしてあげると約束してしまったので、約束は守らなければね。三朝庵が閉まっていたので、高田牧舎で食事。奴はそれからバイトだというのに、ビールなど飲んでいた。私もちょっと飲みたい気持ちはあったけど、まさか授業にお酒のにおいをさせていくわけにもいかないので、我慢。

映画はバーダマン先生の担当で、「フライド・グリーン・トマト」。この間テレビで観たばかりだけど、テレビでは大幅にカットされていたので、観てよかった。南部生まれの先生に、ずっと気になっていた「グリッツ」の正しい作り方を教わる。鑑賞後、この間購入した先生の本3冊にサインしてもらう。今日は、青山先生は来なかった。成澤さんに、「皆勤賞が途切れましたね」と言われる。ふん。

その後、ひとりでどん底へ。田中氏とター坊がいる。ター坊にステーキを2切れもらった。それから寺さんが来て、餃子をごちになる。カルロスさんが来たので、田中、カルロス、開、宮下と一緒に、DMXに行く。カルロスさんが「メール届いてるか?」と聞いてきたのだが、全然届いてないです。帰りはタクシーで送ってもらう。クインでご飯を食べていこうと言われたけど、もういい加減気持ち悪くなっていたので、断った。カルロスさん、1月1日からスペインだそうな。いいなあ・・・。そろそろ海外に行きたいよ。