December 11, 2005

クリスマスエルフ

先日どん底のさんせ君に、映画「エルフ」を録画したDVDをもらった。数年前、クリスマスエルフのサイトを作ったり(今でもあるが、全然更新していない)、「エルフの日記」を書いたりと、あれこれやっていたのを覚えていてくれたらしい。

もらった日に、家のDVDプレーヤーで観ようと思ったらダメで、とてもがっかりしていたのだが、今日、アポロ13号のノートPCで試してみたら、ちゃんと観れたので、映画の内容とさんせ君の心遣いが相まって、何とも温かく和んだ気分になった。

映画のエルフはもともとエルフではなく、身長が190cmもある人間で、たまたま人間の社会から、サンタが北極に連れて来てしまったのだ。エルフと比較したら、とにかくばかでかいので、可愛くも何ともないのだが、最後にサンタクロースが、トナカイが引く橇と共に空を駆け巡るシーンは、なんだかジーンときてしまった。

まだクリスマスには間があるし、「クリスマスエルフ」サイトの更新、手直しをやる時間もいくらかはあるだろう。クリスマスでなくても、サイトを見て心が和むなら、「クリスマスエルフ」のサイトは続けるべきかな・・・と、ちょっと思った。

サンタのことを考えると、どんな人でも気持ちが明るくなるに違いない。クリスマスのそもそもの意味とか、サンタクロースは子供だましだとか言う前に、クリスマスやサンタのことを思い浮かべると、とにかく明るい気持ちになれることだけは間違いないのだ。HO・HO・HO~!!!

『エルフ~サンタの国からやってきた~』
出演: ウィル・フェレル, ジェームズ・カーン, その他
監督: ジョン・ファブロー
内容紹介
北極でサンタと暮らす小さな妖精、エルフ。ひょんなことからエルフとして純粋な心を持って育ってしまった人間が本当の父親に会うべくニューヨークへやってくるコミカルファンタジー。主演は「奥さまは魔女」日本公開で大注目のコメディアン、ウィル・フェレル。

北極でエルフに育てられた人間を大真面目に演じ切ることで彼らしいユーモアを見せている。他にも、仕事中毒で家族ほったらかしだが突然の息子の来訪で変わっていく父親役にジェームス・カーン(「ゴットファーザー」)、主人公が恋をするデパートの店員役として「あの頃ペニー・レインと」で注目され将来を期待される女優の一人であるズーイー・デシャネなどが出演。まっすぐ愛しそれを臆することなく表現する―エルフとして生きてきた自分のやり方で家族の絆を勝ち取り、運命を切り開いていくバディの姿は不思議なパワーにみなぎっている。初めての人間の世界に大奮闘する様をコミカルに描き笑いを誘いつつも、最後には家族の絆・信じることの尊さを教えてくれるクリスマス定番映画として、家族、恋人、友人同士みんなで楽しめる作品に仕上がっている。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『始末屋ジャック 見えない敵(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 370 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594048749 ; 下 巻 (2005/01)
出版社より
始末屋ジャック・・・。これまで誰にも知られることがなく生きてきた男は、とある事件を契機に、功名心を燃やしたタブロイド新聞の記者サンディに追い回される身となった。他方ジャックの姉ケイトの周辺で起る怪事件は、超自然のものであり、明らかに異界からの侵入であることを示していたが、その敵との戦いは、ジャックにとってこれまで以上に困難な、そして想像を絶するものだった!影のヒーロー<始末屋ジャック>が、超自然の敵を相手に繰り広げる孤立無援、七日間の死闘の結末は?

映画「エルフ」

今日は日も差さず、とても寒かった。ぶるる!

F・ポール・ウィルスンの<始末屋ジャック>シリーズ5作、全部読了。あとは新作の『幽霊屋敷の秘密』だけ。特に慌てて買いたいほどでもないから、図書館で借りようと思うのだけど、まだ入っていないので、入るまで待つしかない。それまで、時期的に楽しみにしていたクリスマス本に集中しようっと。年明けには、<ナイトワールド・サイクル>シリーズを読むつもり。

ダーの骨折はだいぶ良くなったものの、まだ腫れが全然引かず、どうなっているのやら?先日のMRI検査の結果は、月曜日か火曜日くらいに出るらしいのだが、最初の治療(山田整形)が適切ではなかったのでは?と疑う。ともあれ、今あれこれ考えても仕方がないので、MRIの結果が出てから考えよう。

今日の夕食は、久々に近くのステーキハウスでハンバーグを食べた。安くておいしいからいいんだけど、好みの味付けにできるのが気にいっていて、つい食べ過ぎてしまうのが難点。

その後、ダーにPC部屋を占領されたので、ダーのノートパソコンで、DVD「エルフ」を観る。どん底のサンセ君がWOWWOWから録画してくれたもので、うちのDVDマシンでは観れなかったのだが、PCで観たらだいじょうぶだった。

エルフが馬鹿でかくて(身長190cmの人間だが)、全然かわいくも何ともなかったけれど(どっちかというと気持ち悪いかも)、クリスマスものは心が和んでいい。

数年前に、私がクリスマスエルフのサイトを作ったり、お話を書いたりしていたのを、サンセ君が覚えていてくれて、わざわざ録画して持ってきてくれたのも、心温まるいい話だ。サンセ君、ありがとう!!!(*^-^*)

December 10, 2005

<始末屋ジャック>あと1冊

毎日、朝から夜中まで、隣に住んでいる女の騒音に悩まされている。でも、夕べはどうやら外泊したようで、今朝は久々に、自然な目覚めと共に静かで爽やかな朝を迎えられた。おまけに、昼間も穏やかで平和な1日となった・・・って、日頃いかに隣の騒音に悩まされていることか!

このところ、精神安定剤が欠かせないくらいに、毎朝アドレナリンが噴出していたのだから、下手をすれば、一気に血圧が上昇して、血管がぷつっと切れてしまうかもしれない。そうなると、隣の騒音は「殺人的」とも言える。こういうのは、過失致死罪になるのだろうか?万一、私が突然死でもしたら、隣の女のせいだと思って、まず間違いない。

さて、手元にあるF・ポール・ウィルスンの<始末屋ジャック>シリーズは、残すところあと1冊となった。ここに来て、ちょっと集中力がとぎれてはいるものの、図書館の返却日までには、余裕で応じられる。これを読み終えたらクリスマス~!と思うと、とても楽しみ。どれを読もうかと、わくわくしている。

ところで、<始末屋ジャック>シリーズは、わざわざ感想を書くようなものでもないとも思うけれど、とりあえず感想として載せたものもあるし、書いていないものもある。個人的には、あらすじさえわかれば十分。

このシリーズは、★5個に対して、3個くらいの感じだろうか。3個では少ない気もするが、4個をつけるほどではない。というのも、時々状況説明がだるくなることがあるからだ。しかし、なぜ次々に読んでしまうかというと、「始末屋」が、どんな始末をつけるのか、そこに非常に興味をそそられるのだ。

「正義」というのが、どんな定義かにもよるが、正義の味方という言い方は違うだろう。殺しもするし、どんな酷いことでもやるのだから。例えて言えば、必殺仕事人のようなものだ。かといって、自分が納得しないものはやらない。そこが、ちょっとハードボイルドっぽいジャックの魅力となっているのだろうと思う。

にしても、一気に5作続けて読むと、いい加減ちょっと飽きてくる。ひとまずこのあたりでやめておくのが正解ではないかと。ハードボイルドだけなら、こんなに続けて読まなかったかもしれない。そこにホラーの要素があって、なにやら不穏な感じなのが、結構面白かった。

<ナイトワールド・サイクル>シリーズのほうは、明らかにホラーなのだが、こちらを読むのは、年明けにしようっと。

そうそう、隣のうるさい女も、始末屋ジャックが始末してくれないかなあ・・・。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『始末屋ジャック 見えない敵(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 362 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594048730 ; 上 巻 (2005/01)
出版社より
乗り合わせた地下鉄車内で銃を乱射しはじめた殺人狂を手持ちの銃で制し、その場を立ち去ったことから「幻のヒーロー」として、新聞記者に追われる身となった、われらが<始末屋ジャック>。文字通り名前も身分も消して、大都会ニューヨークの無関心のなかに身を潜めてきた裏世界の仕事人に重大な危機が訪れる。他方ジャックは、奇妙な以来を引き受けたが、その依頼人はジャックの消息を知るはずもない、実の姉のケイトだった!そしてジャックが相対することになる、新たな敵の正体とは・・・?

隣の女の外泊

夕べ、隣の女は外泊したようで、今朝は静かで平和。毎日隣の騒音で叩き起こされているので、今日は久々に、本当に気持ちの良い朝だった。

というわけで、悪魔のような隣の女は、今日1日帰って来ず、今夜も外泊か?って感じなのだが、おかげで昼間も非常に静かに過ごせて、まったくもって幸せな1日だ。夜もこのまま静かでありますように。。。神様、お願い!

こんなことで幸せと思うなんて、日頃いかに騒音に悩まされているかということだ。国でも個人でも、基本的に「隣」とは仲良くなれないものだと、早稲田の近藤先生も言っていたけれど、まったくその通り。距離的に近いために、必要以上に関わらざるを得ないから、どうしても嫌な面が、他の人より(あるいは他の国より)多く見えてしまうのだ。

でも、ちょっと前に、布団をバンバン叩きながら、「引越し!引越し!」と騒いでいた変なおばさんがいたけれど、あの人の気持ちもわからなくはないなあと。

にしても、彼氏とこっちで同棲しないで、彼氏の家で同棲すればいいのに。うまくことが運んで、早く結婚でもして出て行って欲しい。結果、彼氏の幸せが犠牲になるかもしれないけど。(^^;

Blogger の日付のこと

やっと日付が修正できるようになったのはいいのだが、いちいち「投稿およびコメントオプション」というのを開かなくては修正できなくなってしまったので、前より面倒になった。貴重な時間を1秒でも無駄にしたくない者にとっては、非常にうっとうしい。

いろいろなところのブログを見てるけど、結構あとからこういうシステムにしてしまうところが多い。なんでだろう?初めから日付欄が見えていたほうが、修正し忘れも防げて、使う側にとっては便利だと思うんだけどなあ・・・。(--;

仕事量が多いので、マウスをクリックする回数も、できるだけ減らしたいのに。もう腱鞘炎になってしまう。

来年のDIARY

「ハリポタ展」で買った、ハリー・ポッターの日記帳です。


日記帳の中身もカラフルで楽しい。

December 09, 2005

Christmas & Winter

12月は、なんたってクリスマス本を読まなければ!たまっているクリスマス本を横目で眺めながらも、やっぱり新しいのも欲しいわけで・・・って、今年はすでに新しいクリスマス本を買っているのに、あれこれ見ていると、ついつい欲しくなってしまう。画像を載せても、クリスマスものは和むし。

予定外だった<始末屋ジャック>シリーズも、残すところあと1作。そのあとの新作もすでに出ているが、とりあえず今読んでいるものが終わったら、そこでいったん休止の予定。そのあとは、心おきなくクリスマス本を読もう!

今日届いた2冊は、どちらもロマンスものだが、『Snowbound Baby』はクリスマスの設定。『Bluberry Winter』は、特にクリスマスものというわけではない。これって、いわゆるハーレクイン・ロマンスみたいなものだが、たまにはそういうのも楽しくていい。特にクリスマス時期は。

また、クリスマス本の装丁もきれいでいい。雪景色とかクリスマスツリーとか、その他なんだかキラキラしたものを見ているだけでわくわくしてしまうなんて、私も結構ロマンチストかもね。部屋が広ければ、ツリーだって欲しい!

クリスマスのイメージからして、アメリカ南部の話というのはあまり興味をそそられないのだが、今年購入した 『The Delaney Christmas Carol』 は、3人の女性作家のアンソロジーで、実は3人とも南部の作家なのだ。だからといって、舞台が南部だというわけでもないが、私の場合「ふと気が付けば、面白いと思うのは南部の作家」という例にもれず、全部面白いといいなあ・・・と、期待は大きい。何冊くらい読めるかわからないし、この本にまで到達するかどうかも疑わしいのだけれど。(^^;


ところで新宿区の図書館には、クリスマス本が少ないようで、なんとも寂しい。クリスマス関係の本は星の数ほど出ているはずなのに、図書館にはあまりないのだ。星の数ほど出ていても、本当に面白いものは少ないけれど。。。そんなわけで、しまい込んでいるクリスマス本を、寄付してあげようかと思ったほどだ。特に子どもたちには、きれいなクリスマス本を読ませてあげたいという気持ちになった。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『Snowbound Baby』/Susan Meier (著) ¥528
マスマーケット: 184 p ; 出版社: Silhouette ; ISBN: 0373197918 ; (2005/11)


『Blackberry Winter』/Cheryl Reavis (著) ¥683
マスマーケット: 299 p ; 出版社: Harlequin Books (Mm) ; ISBN: 0373880723 ; (2005/12)

クリスマス本

12月はクリスマス本を読む!と決めていたのに、急遽<始末屋ジャック>シリーズを一気に読むことになり、そのかたわら、用意していたクリスマス本を恨めしげに眺めるという状態だった。

読めないなら、買う!とばかりに、Amazonにクリスマスものを注文。これまでにたまったクリスマス本だって、読めるかどうかわからないのに、どうするんでしょうかね。ていうか、クリスマス本は、MOON本と一緒で、すでにコレクションの範疇になっているかも。きれいな表紙を見ているだけで、なんとなく和むし。(^^;

でも、今日図書館にイーストウッドのCD(「ローハイド」のオリジナルが入っているもの)を返しに行ったところ、「クリスマスコーナー」というのが作ってあったんだけど、あまりに該当する本が少ないので、とても寂しい気持ちになった。

ほとんどが貸し出しされているのかもしれないが、「数が少ないので、貸し出しは一人2、3冊にしてください」と書いてあったから、もともと少ないのだろうなと。だったら、私が読まずにため込んでいる本を、寄付してあげようかしらとも思った。

寄付するなら、今、この季節しかない!どうする?って感じ。先日終えたニューオーリンズへの寄付よりずっと簡単だけど、喜んでくれるかな?

December 08, 2005

作家の日記

アポロ13号の骨折の回復具合が思わしくないので、今日は大きな病院にMRI検査に行った(付き添い)。万一、うまく接合されていないとしたら、どうなるのだろう???

ちゃんと歩けないなんてことになって、杖でも使うようになったら、整形外科に来ているおじいさんやおばあさんが持っている杖というのもカッコ悪そうだから、やっぱり、ルシウス(マルフォイパパ)の杖を買っておくべきかなあ・・・なんてことも考えたり。(^^;



ところで、たまに日本の作家の日記をウェブ上で読んでみたりもするのだが、正直言ってどれも面白くない。出版される作品と日記とは、全然違うものなのだなと思う。むしろウェブ上では、素人の日記のほうがよほど面白かったりする。

そういう作家たちが書いている日記は、だいたい本当の日常なんだろう。本当の日常というのは、他人が読んで面白いとは言えないのだろうと思う。ということから、ちょっと飛躍するかもしれないが、サマセット・モームの言う「日常を切り取ってそのまま投げ出したような小説」というのは面白くないのだと思う。「作家たるもの、手を加えて面白くしなければならない」として、D.H.ロレンスと喧嘩をしたのがモームだが、私もモームに賛成だ。

日常が波乱に富んで、毎日が面白い人生を送っている人がどれほどいるだろう。例えば『ブリジット・ジョーンズの日記』が売れて、多くの作家が「○○の日記」というような本を出したが、それらはあくまでもフィクションだ。事実に基づいていたとしても、かなりの手が加えられているに違いない。単なる日常の記録でしかないものは、だいたいが面白くないものだと思う。

なので、いくら有名な作家といえども、脚色もせずに本当の日常をそのまま書いたものは、面白くも何ともないのだろう。あるいは、本当の日常を書いてはいるが、真の日常を隠していると言うべきか。ウェブで公開する日記に、何もかもあからさまに書ける人は、ほとんどいないと思う。

しかし、真の生活は隠していても、だいたいが本当の日常をそのまま書くのは楽だ。だから、出版する作品には神経を使うが、儲けにもならない日記には、気も頭も使わないという作家が多いのだろうと思う。

それでも、毎日書くことは大事だそうだし、古今東西の偉人も「日記を書きなさい」と薦めているくらいだから、人間形成には役に立つのだろう。べつに作家にならずとも、自分の内面を見つめるには、とても有意義な手段だと思う。過去に書いたひとつの事柄から、それにまつわるさまざまなことが思い出せるからだ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『悪夢の秘薬(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 325 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594039502 ; 下 巻 (2003/04)
内容(「BOOK」データベースより)
モネは怪しげな“珍奇博覧会”なる見世物小屋にひんぱんに出入りしている。ジャックは、その見世物小屋に潜入した。そこで彼は驚愕すべきものを目撃する。それは、再びみることはないとおもわれた、魔界の使者ラコシの姿だった。かつて壮絶な死闘を繰りひろげ、死滅させたはずのラコシ!新麻薬とラコシを結ぶ見えない糸とは?ジャックは、かつて倒したはずの敵と再びまみえることに…!ついに映画化される傑作『マンハッタンの戦慄』につらなる好評アクションホラーシリーズ最新作。

隣人のせいで無駄遣い

今日も新聞ためてます(留守してるわけじゃないのに)。てか、今日は朝早くから、ディスコっぽい音楽を、大音量でかけてました。それで私も起こされてしまい、我慢に我慢を重ねていたのが、とうとう切れました。壁を叩いても聞く耳もたずなので、大音量でかけているから聞こえないのかもと、外に出て扉をどんどん叩いてやりました。


いい加減にしろってのよ、このバカ女!!!

(ノ`△´)ノ=●


というわけで、朝からぶち切れた。ドアは毎回バターンッ!と音を立てて閉めるし、部屋の中でもドスドス歩いてるし、ドアの前の公共部分にゴミを出してるし、男を連れ込んで大騒ぎしてるし、もちろん大音量の音楽なんて、物の数じゃないわけで・・・。つい思わず殺人を犯してしまう人の気持ちも、わからないでもないなと。

その後も気がおさまらないので、精神安定剤を飲んで、ダーのMRI検査に付き添い。それからマックでお茶して一息ついて、ハローワークまで送る。私は銀行に保険料の振込み&サブナードでラグビーの学生選手権決勝の前売り券を購入。

とにかくむかついていたものだから、これだけのことをする間に、あれこれ買いまくり。ボディショップで買ったコロンなんて、家に帰ってきた途端に、なぜか嫌いな香りに変わってしまい、全然つけたくなくなってしまって、とんでもない無駄遣い。

ボディショップの香水は、前に買って時も同じような経験をしているのに、なぜか懲りずに買ってしまったのだ。ダメだってわかってるのに、日本の香水は!

「琥珀の香り」って何?と聞いても、答えられない店員。白ゆりの香りに騙されて、まあいいや、と購入した私もお馬鹿。琥珀は松の樹脂が固まったものだと気が付いた時には、すでに遅し。このコロンは、その後数時間のうちに、どん底の純ちゃんの手に渡ったのであった。

サンセ君が「エルフ」のDVDをダビングしてくれたのだが、うちのDVDでは見れなかった。残念!PCなら見れるのか?と思いつつも、あれこれやる作業があるので、のんびりDVDなど見ていられない。明日、確認してみよう。

December 07, 2005

「ふかふか」の夢はいつ叶う?

先週の土曜日に、厚さ12センチのフローリング・マットレスが届いた。前々から言っているように、フローリングどころか、コンクリートの床の上に寝ているので、体が痛くて仕方がなかったのだ。「死ぬまでに、ふかふかのベッドで寝たい」というのが、私の一番の願い。

しかし、ベッドを置くスペースなどない。この超狭マンションを引っ越すあてもないので、死ぬまでにふかふかのベッドで寝れるかどうかも危うい。というわけで、妥協案として、分厚いマットレスを購入したのだ。

寝心地がいいかというと、よくわからない。もちろん、硬い床の上に寝ているのとはだいぶ違うのだが、「ふかふか」というのとは大違い。さらに、厚さ14センチの布団というのもあったので、これも重ねれば、きっと「ふかふか」になるんだろうな、と、欲が出てきた。

そうなると、布団の上げ下ろしだけでも重労働だ。でも、それで痩せるかも?とはいえ、厚さ12センチのマットレスを置くだけでも圧迫感を感じるのに、さらに14センチの布団も、となったら・・・恐ろしい。

どうせ足の踏み場もない部屋なのだから、この際ベッド入れちゃえばいいんだ。そうだ、ベッドの上で暮らせばいいのだ。「チャーリーとチョコレート工場」のおじいさんとおばあさんみたいに。って、ますますぐうたら化が進行するんだろうな。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『悪夢の秘薬(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 343 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594039391 ; 上 巻 (2003/04)
内容(「BOOK」データベースより)
五月…ニューヨークでは、狂暴な暴力の発作を伴う新麻薬が蔓延していた。われらがヒーロー〈始末屋ジャック〉は、製薬会社の女性研究員から、謎のセルビア人ギャングのボス、ミロシュの調査を依頼される。ミロシュはこの新麻薬に絡んでいるらしい。一方製薬会社重役モネを尾行するジャックは奇妙な人体実験を目撃。荒れ狂う被験者のありさまは、新麻薬の発作と同じものだった!単なる脅迫と思えた事件は、奇怪な様相を見せていく。鬼才F・P・ウィルスンが放つ痛快アクションホラー巨編。

お酒に弱くなる

HAVANAの新井さんに頼んでおいた、CD→MDへの録音を取りにいった。CDを図書館で借りているので、そろそろ返さなくてはならないため。

で、HAVANAはバーだから、当然お酒を飲むわけだけど、ビールと薄い水割りを1杯ずつ飲んだら、すっかり酔った。酔っ払ったというほどじゃないけど、酔った。

でも、この程度の飲み方が、実は一番きつい。完全に酔っ払ってしまったほうが、動くのも楽になる。1杯か2杯というのは、まだ意識もはっきりしていて、酔ったなと認識できるので、体がだるくなったとか、足が重いとかというのを感じられてしまう。酔っ払ってしまえば、そんなことも感じなくなるので、楽というわけだ。

でも、今日はダーもいるし、ご飯の用意をしなくてはならないので、「酔っ払う」まで飲んでいるわけにもいかず、「酔った」ところで帰った。にしても、最近あまり頻繁に飲んでいないので、かなり弱くなった。お酒も慣れだよね、と思う。

実際、お酒は好きではないのだ。お酒はいつでもやめられるけど(家では飲まないし)、タバコのほうがやめられそうにない。お酒を飲みにいくというのは、別にお酒でなくてもいいのだが、店に失礼なので、お酒を飲んでいるだけという感じ。「飲みにいく」というのが、外界とのコンタクトを取る上で大事なのだな、私には。